DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
株価指数とは、株式市場全体の相場方向または相場の特定分野の相場状況を数値化するために、元となる個々の株を一定の計算方法で総合したものです。オンライン取引という目的においては、株価指数は測定している株価の変動に基づいて取引されています。株価指数はFXなど他の多様な取引手法を補完できます。

PHM11_0861.jpg

株価指数とは、株式市場全体の相場方向または相場の特定分野の相場状況を数値化するために、元となる個々の株を一定の計算方法で総合したものです。オンライン取引という目的においては、株価指数は測定している株価の変動に基づいて取引されています。株価指数はFXなど他の多様な取引手法を補完できます。オンライン取引という目的においては、株価指数が測定する株価がどう動くとご自分が予想するかに基づいてポジションを保有します。相場が上がると思えば、ロングポジション(買いポジション)をとります。一方、相場が下がると思えば、株価指数のショートポジション(売りポジション)をとります。

株価指数の種類

株価指数にはグローバル市場の株価指数と、各国市場の株価指数の2種類あります。S&P 100などのグローバル指数は、大企業の株価変動や動向を、その企業の出身国を考慮せずに数値化するものです。オンライン取引プラットフォームでは、このような指数は各国指数ほど人気がありません。

各国指数は一定の国における株価変動や動向を数値化します。S&P 500(米国)、NSDQ 100(米国)、FTSE 100(英国)はすべて各国指数です。この種の株価指数はFX取引と同様にオンライン取引プラットフォーム上で広く利用されています。各国指数は一定の国における数企業の動向に注目しています。このため、各国指数はその特定国の経済に対する投資家や消費者の信頼感や評価を示していると考えられています。

株価指数市場の活用法

株価指数も通貨や株式と同様に取引されます。他の金融商品と同様、分析チャートはろうそく足チャートで表すことができます。さらに、同じようなテクニカル指標を用いて売買のタイミングなどをはかります。株価指数はその指数に対応する個々の株式の価格に基づいているため、その指標の株価に影響を及ぼす要素を理解することが重要です。

株価指標取引を始めたいなら、まず知っておかなければならないことがいくつかあります。指数取引で必要とされる証拠金は、一般的に株式やFXのものよりも大きくなっています。このため指数取引を始めるには大きな資金が必要となります。前述の様に、取引プラットフォームを使用した株価指標取引は、株やFXと類似しているため、同じテクニカル分析や指標を使用して収益機会を見出すことが可能です。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2014/12/30 08:00 証券・株式 TB(0) CM(0)
株式市場は、通常、収益を上げることを目的としてトレーダーが株式の売買を行うマーケットです。



株式市場は、株を売買するトレーダーの集合体です。こういった株式は証券取引所に上場しています。世界の株式市場は、2008年10月にはおよそ36.6兆ドル規模でした。世界の金融派生商品市場は、予想額面でおよそ$791兆ドルといわれ、世界経済全体の11倍にも及びます。金融派生商品(デリバティブ)市場規模は想定元本であるため、株式市場とは直接比較できません。一方、株式やオンラインFXといったその他の金融商品は、実価であるといわれています。さらに、多くのデリバティブは本質的に相殺されるため、株式やFX取引とは大きく異なります。このような、非流動性の有価証券の多くは実勢価で評価されていません。

株取引

株式市場におけるトレーダーは通貨取引におけるトレーダーと類似しています。株取引は個人から巨大なヘッジファンドまで、どんな形でも行うことができます。オンライン取引のおかげで、株式売買は世界中で同時に行うことができます。一般的に、株注文はブローカーが仲立ちをして株式の売買を実行しています。地上の証券取引所では、取引は取引所の立会場で、公開競り売買方式(オープン・アウト・クライ)というやり方で実行されます。この方式は商品や株の売買どちらにも使用され、トレーダーは口頭で応札します。もう一方のタイプの証券取引所は、ネットワークコンピュータで構成された仮想の取引所で、トレーダーは電子的に設置されています。

市場への参加者

株式市場の参加者は、投資信託会社、ヘッジファンド、銀行などの企業投資家や小売トレーダーというのが一般的です。自社株を取引する民間企業や企業トレーダーは、小売投資家に比べて、リスク調整されたより高い収益を得るのが一般的です。

数十年前、世界中の売り手・買い手は企業経歴が長い実業家といった個人投資家でした。時が経過し、市場が分化・制度化されるにつれ、売り手や買い手も、投資信託、上場投信、ヘッジファンド、保険、銀行、投資会社など、それぞれの目的を持つ機関へと発達していきました。

株式市場における企業組織による取引が増加したことにより、市場の運用がいくつかの点で改善されました。それぞれの投資家に対し、固定かつ高額な手数料を下げる段階的な動きがありました。運営費用の低減も一部影響していますが、むしろ、大企業が大手ブローカーによる規格化された手数料設定方法に異議を申し立てたことも一因です。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/12/23 08:00 証券・株式 TB(0) CM(0)
先物マーケットと違って、株式市場でデイトレするために膨大な資金以外いくつか注意すべきなところがあります。ここでデイトレ上達になるまでのステップを見てみましょう。

株式マーケットでデイトレするための最低資金
wall street

オンラインFX業者の普遍とともに口座開設もだんだん楽になりました。最近1,000ドルだけでも新しい口座開設ができる業者がいます。しかし株取引の場合は少し違います。

通貨やコモディティと違って、株は直接企業の安定性に関わるものだから、政府機構からの取り締まりもそれなりに厳しくなります。そのため多くのルールが作られました。例えば、株式市場でデイトレするために最低25,000ドルの資金が必要です。大半のFXトレーダーは5,000~12,000ドルの資金しか持っていません。

そして株取引に使えるレバレッジは最大2倍です。つまりFX取引のようなリターンを達成するにはちょっと難しいです。

株式市場でデイトレ始めるために最初にすべきことは資金を用意することです。おすすめするのは100,000ドルのレベルです。

株のリクイディティはFXマーケットほどじゃないので注意する必要があります

FX市場は世界最大な市場なので、それなりにリクイディティも深くなります。もしこれまでずっとFXマーケットでしか取引したことがないとしたら、いきなり株取引に変えるのもちょっと難しいです。

株式市場のリクイディティが他のマーケットより低いため、ギャップやブレイクアウトの可能性も高くなります。普通の場合ブレイクアウトはよいトレードチャンスですが、株取引の場合オーダーが成約できない可能性が高いです。つまり、たとえ良いトレードが見えても買えない恐れがあります。その反対に、負けトレードをカバーしたくてもカバーできない可能性もあります。

もし十分な資金が用意できたらいつもより小さめのポシションをトレードしましょう。そしてたくさんの株をトレードするよりも、二.三個の株に集中し、それらの「性質」を観察した方がいいです。

株市場は外界からの要素に影響されやすいです

コモディティの場合、EIAや雇用統計の発表などに影響されますが、株の場合、それぞれの企業の収入やロスなどです。基本的に年に四回会社の営業状況が報告されますので、それらの日にちをマークする必要があります。もちろんデイトレするなら、ある程度ファンダメンタルズ分析を無視できますが、一応注意する必要もあります。

簡単に言えば株式市場でトレーディングする場合、いつもより多くのレポートや経済指標などの発表に注意する必要があります。

<結論として三つのステップにまとめられます>

1.資金を用意します。最低でも100,000ドルがほしいです。
2.2~3個の株に集中してトレードします。
3.企業のレポートや経済指標などを読みます。

もし資金準備の方に問題があるとしたら、直接株をトレードするよりも、オプションやCFDなどのマーケットを通してトレードしてもいいと思います。オプションの場合100倍ぐらいのレバレッジを使えますしポフォーリオ全体的なリスクも抑えられます。CFDの場合業者によりますが、平均株価インデックスCFDの取引提供している業者も最近増えてきましたのでぜひチェックしてみてください。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/08/20 08:30 証券・株式 TB(0) CM(0)
FXマーケットで長く取引し続ければいきなり株式市場に変えるのも難しいですね。最近株とFXハイブリッドでトレードしているトレーダーも多くなりましたので、ここですこし株取引について見ていましょう。

株取引するにはテクニカル分析よりファンダメンタルズ分析に注目すべき
Using-Forex-Signals-to-Make-Money1.jpg
FX取引の場合100%テクニカル分析ツールに頼るトレーダーも少なくないですが、株式市場で取引する場合テクニカル分析よりもファンダメンタルズ分析に頼るほうがおすすめです。なぜなら。。。

多くの株トレーダーはデイトレするための資金がないのです。株式市場には企業の安定性を守るために先物やFX取引のように膨大なレバレッジは使えません。つまり、膨大な資金がなければ株取引で安定している収入はもらえません。株式市場でデイトレするためには最低2、5百万円の資金が必要です。

そして多くの個人トレーダーの口座からはデイトレをするための低い手数料はもらえません。一般的に言えば一つの株を買うために100~200円ぐらいの手数料が必要です。それを一日三トレードで計算をすれば月間の手数料はなんと一株に54,000円になります。株式市場はFX市場ほど動きませんからそこまで高いリターンを稼ぐのはちょっと難しいでしょう。

そのわけで株取引するときに短期トレーディングよりも長期投資に注目すべきです。長期投資するならテクニカル分析よりもファンダメンタルズ分析の方がいいでしょう。

株式市場で長期投資するなら、おすすめするのは?

一般的な株取引口座にはニ倍ぐらいのレバレッジを使えますが、レバレッジをゼロにした方がいいでしょう。そして最低でも一つのポシション(株)を二.三年持ちます。つまりFX取引をしているのと同時に株取引をサイドな収入として考えた方がいいでしょう。

どの株を買うのかそれはファンダメンタルズ分析で決めて、エントリーとストップロスをテクニカル分析ツールで決めるのが一番良いです。ファンダメンタルズ分析というのはその会社の製品や競争相手などを詳しく調べることです。

株でデイトレをしたい場合いくつかの方法があります


株でデイトレしたければオプション、CFD、バイナリーオプション、株先物などのデリバティブで取引した方がいいでしょう。なぜならこれらのデリバティブは株と違って取り締まりがそこまで厳重ではないからです。そして株と違って小さめなロットも使えるし、レバレッジもあります。

その他にもプロの取引業者に就職すれば会社の資金で株デイトレできます。ベテランのデイトレーダーの場合大体2、5百万ドルのアカウントでトレードしていると思います。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/08/18 16:20 証券・株式 TB(0) CM(0)
Search form
Calendar
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。