DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
他の取引と同様にFX取引でも、リスクを最小限に抑えて利益を最大化するために重要な要素となるのがリスク分散です。



FXでも他のタイプの商品でも、投資は常にリスクを負っていると言えます。こういったタイプのリスクで生じる潜在的損失は、参加するオンライン取引の種類によって異なります。FX取引の実績を重ねることにより、賢明な選択で全体のリスクを最小限に抑えることはできても、リスクを完全に取り除くことはできません。

ポートフォリオ分散投資

リスク管理方法の一つとして、オンライン取引のポートフォリオを分散する方法があります。異なるクラスの商品に組み合わせて投資するという分散方法も、リターンを犠牲にせずにリスクを下げるのに役立つでしょう。例えば、FX取引では各国の通貨を組み合わせ多様で異なる通貨ペアに注目するのも一法です。その理由は、異なる通貨は市場の変化に異なる反応を示すからです。一国の金融政策の変化が及ぼすその国の通貨への影響は、外国通貨への影響とは異なります。携わっている投資商品のいくつかは利益を上げているというのが望ましいと言えます。

ポイントは多様性

分散が重要なもう一つの理由は、1つの資産だけでは、勝てないということです。経済情勢に問題があったり、投資家の信頼が低い場合には、リターンやパフォーマンスの低下が伴います。分散投資によって、特定資産や市場の一部のパフォーマンスが良くない場合でも、大きな損失を回避することができます。リスク分散は収益を上げることを保証するものではなく、損失が絶対起こらないというものではないと認識することは重要です。しかし、市場が弱い時にポートフォリオのリスク分散ができていれば、市場回復時の利益創出につながります。リスク分散にはある程度時間が必要であり、一朝一夕はなおのこと、数か月でも足りないものだと認識しましょう。多様性を確保し、その多様性をポートフォリオに組み込むにはどうしたらいいか計画を立てる必要があります。

どの程度のリスク分散が必要か?

リスク分散するといっても、各クラスに十数個もの資産を揃える必要はありません。資産数が多すぎると、効果的に調査し尽すことができず、リターンが減ってしまいます。重複するタイプの資産は避け、各クラスに互いに大きく異なるタイプの資産をいくつか選択しましょう。例えば、大手の投資信託会社は同じ株を多数保有していますが、異なる投資タイプを採用していても、ハイレベルなリスク分散にはなりません。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ




スポンサーサイト
2014/12/08 08:00 リスク TB(0) CM(0)
キャリートレードはハイリスク資産を扱いリスクを伴うビジネスであり、低金利時にはうまくいきますが、信用危機や経済低迷によって打ち砕かれる可能性があります。

wonder_photo04.jpg


キャリートレード=リスクを伴うビジネス

キャリートレードとは?

キャリートレードが大規模投資家に利益をもたらしていたのは1980年代にさかのぼります。ここ十年余り、キャリートレードは徐々に人気を増し、2000~2007年にかけて大きな収益をもたらし続けました。しかし、2008年のリーマンショックによって顕在化した世界的経済圧力によってゆがみ崩壊し、何年にも及ぶ利益はたった3か月という短期間で消失してしまいました。「安く買い、高く売る」という視点では、キャリートレードはもっとも一般的なトレード戦略の一つだといえます。豪ドル/日本円といった通貨ペアは、互いの金利差が大きいため好まれています。歴史的に、投資家は低金利で資金を借入して利回りの高い資産へと投資してきました。キャリートレードでは低コストの資金を驚異的な利回りの可能性があるハイリスク資産に投資します。従って、よりリスクの高い資産が関わるキャリートレードは、世界的にそのような資産への欲求が高まっている時にはうまくいきます。2000代前半に驚異的な高利益をあげた投資家もいますが、2008年の信用危機であるリーマンショックは世界中の経済体制を揺るがせ、多くの投資家が得たゲインは一掃されました。

キャリートレードはどのようなときに機能するのか

2003~2007年に、「円キャリートレード」と呼ばれる日本円の大量借入がありました。借入対象として円が好まれた理由、そしてより多くの報酬が期待される資産へ投資が行われた理由というのは、この時期の日本円金利が無いに等しかったことによります。円は低金利で借りられた後、コモディティーや新興市場のような、より高リスクの資産に投資されました。当時、アメリカ証券市場のボラティリティーは記録的な低水準でした。経済や金融市場の変化は時間と共に次第に変化していくという概念のもと、投資家がトレードを決済し利益を確定する時間的余裕が生まれました。ヘッジファンドのような大規模投資家はリターンを最大限にするためにレバレッジを利用しました。円が徐々に下落し始めるにつれ、キャリートレードは人気を集め、リスク資産への需要はその価格を更に上昇させました。キャリートレードが反転するという専門家の警告にもかかわらず、来る2006年のアメリカ住宅市場の停滞は見過ごされていました。しかし結局このような経緯により円キャリートレードは崩壊したのです。ほぼ全資産の価格が下落し始め、相場は資産の売りでごった返しました。急速な投資の売りが進み、より利回りの良い通貨の金利は経済を刺激するために世界的に引き下げられ、円はユーロなどの主要通貨に対して急激な円高になりました。投資家や世界金融市場が被った影響は甚大でした。
- See more at: http://jp.dynamictrade.eu/the-credit-crisis-and-the-carry-trade#sthash.be2unPFE.dpuf

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/10/24 08:00 リスク TB(0) CM(0)
FXマーケットにおいてはどのトレードにも内在的リスクが存在しますが、そのリスクを評価管理する方法は多くあります。

リスクと報酬を隔てる微妙な境界

明日までにお金が必要4

FXマーケットにおけるトレーダーにとっての主なリスクとは、為替レートが変動し投資額が額面割れする可能性です。トレーダーが為替レートのマイナスの動きに対応してトレードを手仕舞いにせざるを得ない状況になった場合、ロスを被る「リスク」があることになります。通貨の為替レートの変化がどちらの方向に向いたかによって、リターンが増減します。国際投資には避けられないリスクが伴いますが、収益の可能性も存在しています。有り得るリスクを理解し、それを効果的に管理することは投資家にとって長期的な利益の改善につながります。

リスクは内在するもの

ある程度のリスクはどの外国為替トレードにも内在していますが、ロスを軽減することは可能です。ギャンブル戦略から派生したマーチンゲール法では、ある回の賭けに負けたら次の回では賭け金を倍にします。そうすることにより、賭博者は前回の負け運が方向転換し負けを巻き返そうとします。FXトレードでは、このような戦略を逆の方向で実行できます。負けるごとに「リスク」を半分にし、勝ちが確定したらリスクを倍にする、という方法です。このアプローチでは負けを迅速に決め、勝った時にトレードのサイズを増やしながら勝ち筋を利用することにつながります。仮想マーケットにおけるリスクは賭け事と同様にみなすべきではなく、むしろフォーマルなビジネスであり相場を張り、計算し、リスクを評価し、アクションを取るべきであることを心に留めておくのは非常に重要です。投機とはすなわち「リスク管理」であり、トレーダーはマーケット力学やテクニカル分析の重要性を理解する必要があります。

キャリートレードで被るダメージ


本質的にFX為替やコモディティー市場では、どのトレードにもリスクが伴います。含まれるリスクを測ることができれば、そのリスクを管理することもできるはずです。高速のバーチャルトレードで被るダメージを回避し、焦点を失わないようにするために、成功している投資家が更に勝率を上げるために採用している対策がいくつかあります。リスク管理計画を最適化する最初のステップは、あるトレードでの勝率を計算することです。

市場力学を研究し、個人的、心理的トリガ-ポイントを価格チャートや計算ツールを用いて把握しておきます。相場が特定水準に達したら手仕舞にする「ストップ」ポイントを識別します。リスクは、マーケットへのエントリーポイントのレベルと耐えうる潜在的損失を知った上での手仕舞いポイントのレベルとの差です。客観性は非常に重要で、対応できる以上の損失リスクを負うことは性急かつ感情的な判断へとつながります。逆に、潜在的利益や報酬に関して言えば、精神的に、ポジションを確保するために動かせる2つ目のストップポイントを区切りとして設けておくべきです。この2つ目のポイントはトレーダーが相場が後退してきたときにトレーダーにとって損益分岐点となる価格のことです。「損益分岐」ストップは相場の流動性が持続している場合にリスクをゼロに抑えるもので、トレードはストップポイント価格で実行されることになります。これはストップをスライドさせるといいます。ストップ注文やマーケット注文、リミット注文の違いも把握しておきましょう。トレードに事実上参加している買い手や売り手の数を十分確保できるよう、相場の流動性も考慮しなくてはいけませんが、こちらは、スポットFX相場は毎日4兆ドル規模でトレードされていることを考えれば問題ないでしょう。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/10/23 08:00 リスク TB(0) CM(0)
Search form
Calendar
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。