DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
FX取引の世界では、取引に影響を及ぼす、スプレッドのゼロ拡大というものを理解することが重要です。



ゼロスプレッド拡大とはオンラインFX取引において考慮すべきポイントです。スプレッド拡大がゼロであるとは、特定の相場条件期間、スプレッドを無しにするFX会社の口座の特長です。FX初心者の個人トレーダーであっても、新たに取引開設を行うプロの投資家でも、ご自分で必要としているオファーや選択肢を提供しているFX会社を見つける必要があります。

FX会社とボラティリティ

FX会社を選定する場合には、相場が乱高下しているときのスプレッドの大きさも考慮するといいでしょう。FX取引では、経済の予想内・予想外の展開、天災、政治的変化、テロリスト行為などにより相場が大きく変動する時期があり得ます。多くのFX会社は、ボラティリティ(変動性)によって収益を得ようとするトレーダーの過剰な取引の流れによるリスクを低減するために、相場が大きく変動する時には広いスプレッドをとっています。スプレッドの拡大は一般的慣行で、FX会社を乱高下相場から保護するために定められています。すなわち、トレーダーは相場が乱高下している時は、標準的な取引に加わるためにより大きなプレミアムを支払う必要があるのです。トレーダーがリスクの増加やリスクへの露出に対する対策をとらないと、報酬に対するリスク比は消極的な方向に歪み、有益な取引を行うことはできなくなります。

過剰なスプレッド拡大の回避

FX会社を選定する場合には、ご自分の収益に影響を与える可能性がありますので、相場が乱高下しているときにスプレッドがどれだけ拡大するかを考慮しましょう。ブローカー(FX会社)に、スプレッド拡大の取り決めについてFX会社のWebサイトやその他の文書に明確に記載が無ければ、直接問い合わせてみましょう。相場が大きく変動している時にスプレッドが過大に拡大しないということが確実にわかれば、その期間でも安全に取引できます。

一部のFX会社には、市場のボラティリティ(変動性)が高い時期のスプレッドを撤廃し、相場乱高下時のスプレッド拡大をゼロにしているものもあります。市場のボラティリティが高いときにいつも取引を行う方には有利な点になりえますが、そのようなFX会社では通常、スプレッド撤廃による損をカバーするために手数料が高くなっています。相場のボラティリティを活用するのでしたら、ゼロスプレッド拡大ポリシーによって、スプレッドが広い場合のリスクリワード率を気にせずに取引を行うことが可能になります。スプレッドが取引に及ぼす影響は数点ありますので、FX会社選定の際には、常にこれらを考慮するとよいでしょう。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2014/12/22 08:00 スプレッド TB(0) CM(0)
スプレッドとはFXトレードの重要概念ですので取引の際にはスプレッドについて良く理解することが大切です。
Fig1.png

Bid-Ask(ビッド・アスク)スプレッドは価格スプレッド、または単にスプレッドとも呼ばれ、通貨ペアその他の資産の買値と売値の差額のことを言います。買い手が支払う金額と売り手が受け入れる価格の差を示しています。FXトレードでは、売り手がビッド(売値)を受け入れ、買い手がアスク(買値)を受け入れた時に、取引が成立します。通貨取引において、スプレッドはブローカーに対してトレーダーが必ず支払わなくてはならないコストとして非常に重要です。

考慮するべき点

スプレッドに関する留意点は次の通りです。

• スプレッドは通貨の需要と供給および流動性に基づいています。需要と供給に大きなアンバランスが無い限り、取引が活発な、すなわち流動性の高い通貨のスプレッドは一般的に最も狭くなります。流動性が低かったり、アンバランスがあったりすると、スプレッドは大きくなります。

• スプレッドの本質は取引コストです。取引を実行するためにブローカーに支払うお金です。初心者には自明ではないかもしれませんが、このコストを意識しておく必要があります。頻繁に取引しないトレーダーにとって、スプレッドは取るに足らないものかもしれませんが、毎日いくつものトレードを行う場合はコストが膨らみます。

• マーケットの急降下時、スプレッドは大きくなります。これは、買い手は資産価格が下がるまで購入を急がない一方、売り手は売り急ごうとすることによる需要と供給のアンバランスによるものです。ボラティリティが高い時期には増加するブローカーのリスクを抑えるため、結果的にスプレッドが広がります。また、この時期に取引量が高ければリスクが上昇するため、ブローカーにとって不利な展開にならないよう、トレーダーの取引を抑制しようとします。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/10/30 08:00 スプレッド TB(0) CM(0)
Search form
Calendar
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。