DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
singapore-city-skyscrapers-buildings-skyline-urban.jpg

FXが日本で始められたのが外為法改正の1998年。
シンガポールなど海外の個人投資家の間で流行していた外国為替取引が、日本へ導入されました。
インターネットのインフラが当然となってきた2002年頃から、様々なFX会社がサービスを開始しはじめました。

この頃はまだ金融庁の管理の下にはなく、中には悪質な業者がありました。
投資家の預金を自社運営資金に流用したり、横領したりなどです。
数でいえば200社以上と、一つのピークを迎えていた2005年、業界は金融先物取引法に縛られるようになりました。

FXの規制もはじまったばかりで、金融庁が追いついていないなか、
2006年上海ショック
2007年バリパショック、サブプライムショック
2008年のリーマン・ショック
と、いくつかの金融危機が立て続きに起き、円安一方通行の相場にしか慣れていないそれまでのFX投資家は、ここでひとまず退場となりました。
同時に、財政も経営もままなっていなかったFX業者は煽りを受け、一部では最悪な事件を起こしながら、いくつもの会社が消えていきました。
mig.jpg
そこへ、2009年からは金融庁の様々な規制がはじまります。
上記のように、それまでのFX投資家が離れ、これからのFX投資家からも信用をなくし、FX業界は弱っている状況です。
2009年 信託保全の義務化
2010年 第一次レバレッジ規制(最大50倍)
2011年 第二次レバレッジ規制(最大25倍)
コスト増大、サービス変更と、ビジネスモデルの変革を法に求められ、FX業者はますます淘汰されていきます。

この頃から各社様々な攻勢をかけるようになってきます。
MT4、システムトレード、プロ並みの情報サービス、パイナリーオプション、少量通貨取引、取引所FX、などの取り扱いです。
またレバレッジ規制を嫌い、日本のサービスの一本調子に飽きたFX投資家は、海外業者を視野に入れるようになってきます。


海外業者は金融庁の管理の下にない、だから「心配だ」ということはあるとおもいます。
しかし、だからといってそれが即座に「信用できない」へと繋がるわけではないはずです。
上記のように、金融庁の管理がない時代から業務をはじめて延々と続けている正直な会社があります。
たとえ管理下にあっても、先のスイスフランショックの影響への対応において、国内FX業者の訴訟が起きています。

ダイナミックトレードは金融庁の管理の下になくとも、お客様の資産を完全分別管理しております。
また、管理の下にないからこそ、レバレッジやボーナス、個別対応のサービスなどがあります。
そして、スイスフランショックにも揺るがない、堅牢なゼロカットシステムを採用しております。


是非この機会にダイナミックトレードでFXトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

今すぐ始めようFX-女の子 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2015/06/10 18:48 FX市場ってどんなとこ TB(0) CM(0)
MS251_rondonnoyoru-thumb-815xauto-15232.png


GMTとUTCの違いについては、GMTとUTCでお話しました。

が、やはり混乱するところがあったりします。
例えば、題名のような質問を、ロンドンのサマータイム中にされた時。

「GMT0:00は日本の何時?」
こう聞かれると、
「GMTはロンドン、GMTはロンドン、GMTはロンドン、GMTはロンドン………」
なんて反射的に考えてしまって、

「ロンドンと日本との通常時差は9時間。
えーと今は、ロンドンはサマータイムだから、日本との時差は8時間。
だから…、わかったぞ!! 日本の8時だーーーー!!!!」

ってなっちゃうかもしれません。
だがしかし、これは間違いなのです。

ポイントは、GMTと聞くと、ついついロンドンの時間だとおもってしまうところだとおもいます。
でも、GMTは「グリニッジ平均時」であり、「ロンドンの時間」ではありません。
ロンドンがサマータイム中はGMT+1だと知っているばかりに、ロンドンの時間と比べればいいと勘違いしてしまうのだとおもいます。

vintage-old-retro-clock.png


落ち着いて解釈してみて下さい。
「GMT0:00は日本の何時?」
これは言い換えれば、
「日本の時間はGMT+?」
です。

「GMTはロンドン、GMTはロンドン、GMTはロンドン、GMTはロンドン………」
とはおもわずに、
「GMTはグリニッジ平均時、GMTはグリニッジ平均時、GMTはグリニッジ平均時………」
と考えましょう!!

「小さい秋を十回言って」
「小さい秋、小さい秋、小さい秋、小さい秋………」
「ちいさい秋みつけたを歌って」
「ちいさいあーき、ちいさいあーき……」
「あははー。間違えたー。そこは、だーれかさんがー、でしょ。あははー」

なーんて類のいじわるをおもいだす人もいるのではないでしょうか。
いませんかね。

弊社でのスワップポイントがつく時間はGMT0:00です。
日本なら年がら年中、午前9時です。
サマータイムがないからですね。
これがロンドンなら、通常期間なら0:00、サマータイム中は1:00となるのです。


是非この機会にダイナミックトレードでFXトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

今すぐ始めようFX-女の子 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/05/29 18:08 FX市場ってどんなとこ TB(0) CM(0)
ADJY-1.png


ドル円、ユーロ円、ポンド円。
左側に表示される通貨を「主軸通貨」、右側に表示される通貨を「決済通貨」
といいます。

いつも円が後ろですよね。
なんだか円が弱くてマイナーみたいですね。

そんなことはないんですよ!!
外国為替世界シェアは三位なんですよ!!


この順番はただただ慣習として並んでいるだけです。
以下にその順番を示します。

1位.ユーロ (EUR)
2位.イギリスポンド (GBP)
3位.オーストラリアドル (AUD)
4位.ニュージーランドドル (NZD)
5位.アメリカドル (USD)
6位.カナダドル (CAD)
7位.スイスフラン (CHF)
8位.日本円 (JPY)

意外にもUSDが低いですね。
AUD、NZDよりも低いとは!!

これはかつての基軸通貨がGBPであったことに起因します。
オーストラリア、ニュージーランドの国旗を見てみましょう。

AGNZ-1.png


共に大英帝国の構成国なんですよね。
なのでここが先に来ます。
そしてユーロができたとき、ユーロは一番と決まりました。

しかし右側に円が来るというのはわかりやすいですよね。
ドル円とユーロ円とポンド円とトルコリラ円を並べて、どれが円に対して強い通貨なのかが一目瞭然なんです。

また損益も把握しやすいです。
ドル円を一万通貨単位で取引したら、レートが一円動くと一万円の損益が発生します。


一万通貨をレバレッジ400倍で取引したいとき、どれだけの金額が必要でしょうか?
ドル円が120円の場合、3000円です。
3000円で120万円もの金額を運用することができ、収益を上げるチャンスが拡大されているわけです。


是非この機会にダイナミックトレードでFXトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

今すぐ始めようFX-女の子 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/05/25 15:56 FX市場ってどんなとこ TB(0) CM(0)
interbank-01.png


株には取引所があります。
日本株だと株式会社東京証券取引所(東証)での取引が特に注目されて、ニュース番組で取引所の映像が流れたりしていますよね。

外国為替にはこのような取引所はありません。
ん? ニュースで流れる円卓を囲んでやってるやつは?
あれはボイスブローキングという取引の光景で、取引所ではないのです。

外国為替のマーケットは二つに分けることができます。
一つが銀行間取引市場(インターバンクマーケット)、もう一つが対顧客市場です。

身近にあるのは、対顧客市場です。
一般的な個人や輸出入企業が、銀行で外国為替をする市場です。
仲値に、銀行のコストと利益を上乗せしたものが対顧客市場で提示されます。

一方インターバンクマーケットというのは、銀行を中心とした限定された市場のことをいいます。
ネットワークや電話で繋いで取引をしています。
取引を成立させるには下記の方法があります。

ダイレクトディーリング : 電話や電子端末で相手を呼び出し、希望する取引数量を伝え合う取引形態。
ボイスブローキング : 仲介業者が個々の取引を専用電話回線を使って声で受け付け、付き合わせる取引形態。
電子ブローキング : コンピューターに入力された条件を瞬時に付き合わせる取引形態。

mo_a03.jpg


一本がリアルな100万通貨という凄まじい量の外国為替の取引が成されます。
(例えば米ドルなら、1米ドル100円として1億円です)
ここが外国為替取引の主戦場です。

とある銀行が通貨を売りたいと考えたとき、同じ量の通貨を買いたいと考えている銀行や業者や個人を探します。
いくらネットワークで繋がっているとはいえ、インターバンクマーケットでは、上記のような方法で相手を探さなければなりません。
取引相手さえいれば 24時間取引可能 です。


是非この機会にダイナミックトレードでFXトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

今すぐ始めようFX-女の子 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/05/12 18:12 FX市場ってどんなとこ TB(0) CM(0)
東京都会

仲値。なかね、と読みます。
公表仲値、電信仲値相場とも呼びます。
英語だと、TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)。

銀行などの金融機関が一般客や企業と外貨を取引する際(対顧客市場)の基準となるレートのことをいいます。
金融機関の毎営業日、日本時間の午前9時55分頃の相場に基づき、同10時頃に発表されるものです。
それぞれの銀行は、それぞれの仲値を設定しますので、値は微妙に変わります。

このレートは基本的にはその日一日の間、適用されます。
基本的にというのは、決まったあとで実勢レートとの乖離が一円を超えた場合は「公表停止」となり、仲値は使用されなくなります。
以降は「市場連動」となり、ディーリングルームに随時問い合わせて、市場に連動したレートを使うことになります。

sgi01a201408140400.jpg


さて、この仲値ですが、実はFXでは重要な要素の一つです。
「仲値が足りない」とか、「仲値不足」という言葉が良く使われます。
その意味は、「仲値決済のドルの需給バランスで、ドルが不足している」ということです。

東京市場では仲値での決済に、ドルを購入してドルを相手に支払う「ドル買い」の取引が多いとされています。
例えば石油会社が石油を輸入した場合、石油会社は取引先に取り決めた応答日に、その金額をドルベースで支払います。
ドルが必要となり、銀行にドル買いの注文がくるわけです。

日本の金融機関は仲値不足の解消のために、足りないドルを外国為替市場で購入する必要があります。
つまり、仲値不足の場合は、9時55頃に向けて、ドル高円安の傾向になるということです。
その時間を抜けると、一気に落ちるようなこともあります。
毎日ではありませんが、ゴトー日や月末の動きは意識して見ていると、変わるかもしれません。

最後に、2015年4月28日、30日のUSD/JPYの動きはどうだったかを見てみましょう。
連休前の月末、ゴトー日です。
30分チャートの時間は私のいる所のUTC+2で表示されているので、UTC+9の日本とは-7時間です。
よって、見る時間は03:00前後となります。
わかり辛いので日本時間を示しておきました。

4月28日

仲値参考30分足



4月30日

仲値参考30分足2


いかがでしょうか?
もちろん、理由はこれだけではないでしょうが…


是非この機会にダイナミックトレードでFXトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

今すぐ始めようFX-女の子 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/05/04 22:41 FX市場ってどんなとこ TB(0) CM(0)
Search form
Calendar
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。