DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
151117Blog.png


「わくわく! ビットコイン」
まだまだ開催中ですよ!

ただいま、ネッテラーが、ネッテラー口座への国内振込による入金を停止しています。
いままで国内振込無料サービスのある銀行を使っていた方には、大変残念なニュースです。
クイックバンクトランスファー(Quick Bank Transfer)は利用できます。

ねってらDTブログ

ご覧の通り、以前はあった国内振込がなくなっております…。
赤枠で囲った所がクイックバンクトランスファーです。

クイックバンクトランスファーは、国内振込サービスとほとんど同じ手順でできます。
違いは、すばやく入金できることと、手数料が入金額に対して1%上乗せされることです。
一元管理も可能となり、便利であることに変わりはないネッテラー。
ぜひ活用して下さい。

DynamitTradeはNETELLER対応!
ネッテラーって何? (ネッテラー2回目)
ネッテラー口座の開設の流れ (ネッテラー3回目)
ネッテラーでの利益出金が可能になりました(ネッテラー4回目)


「わくわく! ビットコイン」開催中のダイナミックトレード!!
是非この機会にダイナミックトレードでFXトレードを始めてみませんか?
今すぐ始めようFX-女の子 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2015/11/17 22:52 海外入出金 TB(0) CM(0)
NetellerRS-01.png


ネッテラーは口座開設、本人認証さえ済ませれば、非常に便利です。
私も使ってますよ!
どんな手続きが必要になるか、簡単にご説明します。


・口座開設
1.ネッテラーのウェブページへアクセス
2.無料口座開設をクリック!
3.Eメールアドレス、住所、電話番号、口座の通貨を入力し、パスワードを設定します。(好きな学校の先生は?、みたいなのもあります)
以上です!

開設後、ネッテラーより登録したメールアドレスにサインアップ完了のメールがきます。


・入金
すぐに入金ができます。
クレジットカード、海外・国内銀行送金などで可能です。
ただ、日本のクレジットカードは拒否されることが多いそうです。
ここでは銀行送金を選びます。

1.口座への入金方法を選びます
2.入金する金額を指定します
3.振込みの指定先が表示されます

私個人としては、国内送金がオススメです。
新生銀行や住信SBIネット銀行などの、振込み手数料の無料サービスを使えばオトクだからです。
私の場合では、銀行の営業時間外に処理をして、翌営業日の昼には反映されていました。


・本人認証
次に口座を開いたとき、口座が凍結されています。
焦らないで下さい。
本人認証は残高のない口座ではできないので、通常の流れです。

1.「本人確認を行う」を押します。
2.パスポート、運転免許証、政府発行のIDカードのいずれかが必要です。
3.上記のうち、いずれかの写真をアップします。(ウェブカメラを使用してアップもできます)
4.書類受付の画面になります。メールも届きます。

これで作業は終了です。
1~3営業日で認証されるそうです。
トータルで一週間ほどを見積もれば、利用ができそうです。


ダイナミックトレードではネッテラーによる入金は即時反映されます。
非常に便利で簡単です。

ネッテラーに関する以前の記事はこちら
DynamitTradeはNETELLER対応!
ネッテラーって何? (ネッテラー2回目)


是非この機会にダイナミックトレードでFXトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

今すぐ始めようFX-女の子 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/06/24 22:17 海外入出金 TB(0) CM(0)
cpu

ネッテラーはewalletってやつなのはわかった。
でも結局何なのよ。

そんな声も聞こえてきます。
今回は、その辺を、少しお話ししたいとおもいます。
ポイントは、海外との金銭のやり取りにあります。

ネッテラーで調べると必ず出てくるのがオンラインカジノ。
カジノ? 博打? やくざ?
っておもうのが日本人の感覚だとおもいます。

しかし主催者は海外におり、政府のライセンスをもって運営されています。
自宅で海外のサーバーにつないで、海外から入出金を行い、海外の会社が運営するオンラインカジノで遊ぶのは賭博法に触れません。
たまに聞かれる逮捕のニュースにあるのは、インターネットカフェやマンションの一室などで、これを利用して行った賭博の場合です。

そこで便利だとされてきたのがネッテラー。
海外の入出金が手軽に、直接ハウスへの入金よりも安全、というところで広まってきました。
ネッテラー自体の安心度は「DynamitTradeはNETELLER対応!」の記事でご確認下さい。


財布


そして、ewallet。
suicaやpasmoに入金なさっていませんか?
お財布ケータイやyahooウォレット、au walletなどをお使いの方がいるかもしれません。
たとえなくても、インターネットで銀行口座を管理している方もいるのではないでしょうか。

そこでお金はどう扱われているか。
実際の貨幣はなくとも、電子的に金銭の意味を持たされたものがやりとりされていることは実感できるとおもいます。
それと同じことです。
ネッテラーはそれの、海外とのやり取りをネットで行うのに特化しているものだとおもって下さい。

海外とのお金のやり取りには介在者を通すため、手数料を取られます。
マネーロンダリングなどの観点からも、この手間は避けられません。
そこで本人確認をしっかり行い且つ手数料も安めに設定されている業者が利用者間で注目を浴びるわけです。
この場合の利用者とは、お客様と弊社ダイナミックトレードです。

ただ残念なことには、ネッテラーに預けたところで、銀行のように金利は発生しません…


是非この機会にダイナミックトレードでFXトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

今すぐ始めようFX-女の子 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/04/28 16:13 海外入出金 TB(0) CM(1)
クレジットカードの種類はさまざまあるようですが中でもポイント率、返金後ポイント、ポイント確定期間はどうなっているのか気になりますね。

弊社では人気の4社のクレジットカード会社を調べさせて頂きました!!!
よろしければご参考にして下さい。




銀行名:楽天カード
ポイント率:100円1ポイント
返金後ポイント:ポイント保有分からマイナスされる
         ポイントが0の場合からのマイナスは無い
ポイント確定期間:月末〆15日付与


銀行名:三井住友VISA(ワールドプレゼント)
ポイント率:1000円1ポイント
返金後ポイント:ポイント保有分からマイナスされる
         ポイントが0の場合からのマイナスは無い
ポイント確定期間:15日〆翌月25日付与
        月末〆翌日10日付与
        (支払い方法は2種類から〆日を選べる)

銀行名:セゾンカード(永久不滅)
ポイント率:1000円1ポイント
返金後ポイント:ポイント保有分からマイナスされる
         ポイントが0の場合からのマイナス分は次回ポイントを取得した時に取得したポイントから引かれる
ポイント確定期間:月末〆翌日17日付与

銀行名:ライフカード
ポイント率:1000円1ポイント
返金後ポイント:ポイント保有分からマイナスされる
         ポイントが0の場合からのマイナスは無い
ポイント確定期間: 売り上げがライフカードに到着した時にポイント付与      

国内クレジットカード人口

国内の成人人口1億480万人で換算すると、1人平均3.1枚所有していることになります。ちなみに2010年度の国内利用額は46.9兆円に上り、過去10年で2倍になったとか。国内でのクレカ利用がいかに浸透しているかを物語っています。実感としても、スーパーやショッピングセンターでの支払いをカードで済ませている光景もよく見掛けますし、ネットでの利用を中心とした電子商取引の拡充も影響していると思います。

世界では85億枚以上発行

世界的にみると、発行枚数は約85億枚以上。単純な発行枚数では、中国銀聯(ユニオンペイ,UnionPay)のロゴが入ったカードが25億枚に達しているとして、2011年のこちらの記事では「世界一!」と言ってますが、銀聯のカードは中国の銀行間決済ネットワークというべきで、銀聯カードもクレカというよりデビットカードの色彩もまだまだ強く、やはりクレカとしてのシェアはVISAの24億枚(シェア28.6%)の方に軍配がありそうです。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ

2014/12/05 08:00 海外入出金 TB(0) CM(0)
為替レート
ドル袋おじさん


銀行で送金していただく場合にはドル建て送金となりますが、その場合の為替レートはマーケットレート
ではなくTTSというレートが使われます。
これはどの銀行でも一緒です。

TTSとは:TTS(Telegraphic Transfer Selling rate, 対顧客電信売=外貨購入・預入レート)

つまり、銀行が顧客に対して外貨を売る(円を外貨に交換する)時に用いられる為替レートです。
米ドルの場合、仲値+1円としている銀行が大部分です。
外貨預金やトラベラーズチェック、外貨の送金で円を外貨に交換するのはこのTTSレートです。

さて、その他の手数料ですが、2014年11月現在で確認したところ以下の通りでした。

※本内容はあくまでも参考として記載させていただいております。実際にご利用の際には必ず各お取引銀行にお問い合わせください。

銀行名:みずほ銀行
送金時手数料: 
着金時手数料:

銀行名:三井住友銀行
送金時手数料:ネットバンキング:
着金時手数料:取り扱い手数料:
      円為替取扱手数料:送金金額の0.05% 最低額

銀行名:りそな銀行
送金時手数料:
着金時手数料:円為替取扱手数料:送金金額の0.05% 最低額

銀行名:新生銀行
送金時手数料:スタンダード口座:  
       プラチナ口座: 月に1回手数料無料、以降
着金時手数料:無料


海外送金を行う際には必ず金額に関わらず送金毎に銀行送金手数料が課せられます。
従って数回に分けて円送金するより、一括で送金したほうが送金手数料が節約できますね。
まずは、送金前に各金融機関の手数料をご確認の上、なるべくまとまった額を一括して送金が最も賢い方法です。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ


2014/11/28 08:00 海外入出金 TB(0) CM(0)
Search form
Calendar
06 | 2017/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。