DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
トレードを真剣にビジネスとして行うためのヒントを他のトレーダーに提供することで自分のトレードも高めているトレーダーもいます。
6355220839_982b1263d5_z.jpg

外国為替市場をとりまく情勢の変化に伴い、FXブローカーの方針や商慣行が最近変化しています。ブローカー側は、誠意ある取引方針の設定や責任感のあるトレードに関するヒントやアドバイスなどの情報提供をして対応しています。通貨取引には常にリスクが伴いますが、不必要なリスクからトレーダーを保護するため、ブローカーはたゆまぬ努力を続けています。

トレードにおける自己責任とは

取引を行う際のリスクを抑えるために役に立つ情報は多くあります。まず第一に、感情が先行している場合には大事な判断を下さないことが鉄則です。正しく状況分析できなくなっている状態でマーケットに取り組むのは前途多難です。初心者は情報に基づいた判断ができるレベルの経験値が不足していることが多く、戦略よりもむしろ感情や感覚に頼った判断をしてしまいがちです。例えば、外為市場に関する知識の乏しいトレーダーが高レバレッジで大きく稼ごうとトレードするとします。でも、レバレッジを高く設定するとリスクも上がりますから、これで手持ち資金がすっとんでしまうことも十分あり得ます。リスクの高い行動は高レバレッジに限ったことではなく、投資ポートフォリオで多様性が不足している場合でもリスクが高くなる可能性があります。

トレードにおける自己規制や責任感のあるトレード方針とは

海外ブローカー側でも、トレーダーが責任感のある決断を行えるようにするためレバレッジに制限を掛け、1回のトレードで全資金を失ってしまうということがないように配慮しています。日本では金融庁の規制により国内FX業者には海外より厳しいレバレッジ制限が設定されています。レバレッジを下げる以外に、ポートフォリオに多様性をもたせてリスク分散するというのも、責任感のあるトレード方針と言えます。成功しているトレーダーはこういったことを既にわきまえていることが多いです。初心者もリスクを抑え、情報に基づいて自分で良く考え判断することでビジネスとしてのトレードの基礎を作っていくことができます。

ブローカー側にしても、こういった取り組みによって顧客のトレードキャリアの持続性や長期的収益が飛躍的に向上するということを実感してきています。ですから、責任感の高いトレードを行う顧客が増えるような取り組みを行うブローカーも増えてきています。これはトータルでみるとFXトレーダーの収益増につながるのは明らかです。

自分で選択・判断し、自分でリスクを管理するという責任感のあるトレード方針というのは、リスクからトレーダーを保護する予防措置であるということを念頭に置く必要があります。これを支援するため自己規制を行う業者もありますが、そういった投資家保護の取り組みのない業者もあります。より高いレバレッジを許容しているブローカーなどがそうです。そういった業者を選ぶということはてっとり早く収益を増やすことはできても、同時に、大金を失うリスクに晒されているということでもあります。それゆえ、初心者トレーダーは、FXマーケットをより深く理解できるようになるまで責任感のあるトレード方針に従うことは大切です。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2014/08/31 09:00 FXへの姿勢 TB(0) CM(0)
トレーダーとして成功するために、目標設定についての理解が必要となるFXトレード哲学を踏襲しましょう。

稼げるFXトレード哲学を築く第一歩はまず、自分を理解することです。 勝てるトレーダーになるためには、自分の言動や性格をきちんとわきまえておくことが不可欠です。 習慣は人を形作りますが、これは通貨取引にも映し出されます。自分の行動パターンが把握できれば、普段とは違う選択肢を得ることもできますし、自分自身を習慣から自由に解放してあげることもできます。
main_img.gif

FXの経験値


実際に役に立つFX哲学を構築する方法が判断できるようになるにはまず、自分のFX経験値のレベルを認識することが必要です。FX経験値には4つのレベルがあります。 FX初心者:FXへの先入観も無く、FXや資産管理、投資に関してはほとんど何も知らないビギナーです。 FX中級者:投資家として他のタイプのトレードの経験はあるけれども、FXトレードは初めてという方です。資産管理スキルはあるけれども、FXの知識はあまりない場合に該当します。 FX熟練者:FXに造詣は深いけれども、資産管理についてまだレベルアップできる方です。 FXの匠:FXの造詣が深く、資産管理スキルも持ち合わせている方です。

目標を設定する


正しいFXトレード哲学を築いていくには、どのように稼ぎたいかをまず認識しましょう。自分のトレードへの自覚を高めるためにも重要なステップです。「リスクとリターン」という2つの要素を理解することは目標設定の本質を見抜くことにつながります。どちらも聞きなれた言葉ですが、FXトレードにあてはめて考えてみましょう。成功の鍵となるものは、一定の収益を得ることであり、そのためにはまず目指す収益タイプを把握しておく必要があります。

常習者型:

このタイプのトレーダーはリスクをコントロールのではなく勝つことにばかり囚われています。マーケットをカジノのように扱うので大金を儲けたかと思えば、大損を出したりします。

カモ型:

このタイプのトレーダーは見込める利益のポイントを考えずに利食いで焦ってしまい、リスクは最大限被り、最大限に稼げていない方です。大きく負けてしまいトレードスキルに自信がない場合が多いです。

日当たり型:

着実に勝つことの重要性を理解していますが、トレードごとのリスクをとにかく完全に排除しようと多大なエネルギーを費やす方です。このタイプのトレーダーは指数増殖つまり倍々法の概念を深く理解しています。

最適型:

このタイプのトレーダーは、FXで匠の域に達している方です。FXで確実に資産を増やしていく方法を獲得しています。リスクを抑えつつリターンを最大化する方法を心得ています。ポジションの調整方法やビジネスプランの実行という概念もよく理解しています。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/08/30 09:00 FXへの姿勢 TB(0) CM(0)
8月29日:東京株式相場は続落。ウクライナ情勢の悪化や国内景気の不透明感から、自動車など輸出関連、不動産や建設、小売などを中心に売られた。市況安を受けた非鉄金属株も安い。
TOPIX の終値は前日比2.77ポイント(0.2%)安の1277.97、日経平均株価 は35円27銭(0.2%)安の1万5424円59銭。
プリンシパル・グローバル・インベスターズの板垣均社長は「7月は日本の雇用が増えておらず、賃金も上昇していないため消費が伸びていない。個人消費のもたつきは生産が伸びない要因」としたうえで、「日本株が一気に上がれないのは今・来期の企業収益に対する確信が持てないため」と述べた。
ウクライナのポロシェンコ大統領は28日、同国への事実上のロシアの「侵攻」に対し防衛を強化すると表明した。オバマ米大統領はロシアを非難するとともに、米国と欧州の同盟国がロシアに圧力をかけるため追加制裁を協議していることを明らかにした。きのうのニューヨーク外国為替市場では、ドル・円相場は一時1ドル=103円50銭台と4日ぶりの円高水準となった。
download.jpg

「ウクライナ情勢は停戦前の陣取り合戦の意味合いで、事態をエスカレートさせようというものではない。ただし、事態悪化の懸念があるのは事実で、いったん様子見にはなりやすい」と、野村証券投資情報部の若生寿一エクイティ・マーケット・ストラテジストは語る。
朝方発表された日本の7月の鉱工業生産指数は前月比0.2%上昇(事前予想1.0%上昇)、家計調査の全世帯消費支出は前年同月比5.9%減(同2.9%減)と予想に比べて下振れた。全国消費者物価指数(除く生鮮食品・コアCPI)は前年比3.3%上昇(同3.3%上昇)だった。
香港キムエン証券のセールストレーディング担当ディレクター、アンドルー・サリバン氏は「きょう発表された経済指標は日本の経済が良くなっているという自信にはつながらない。アベノミクスが順調でないという懸念を強める」と述べた。
もっとも、取引終了にかけて下げ渋り、日経平均は終値では25日線(1万5398円)を維持した。「復興需要や五輪関連など消費以外の日本の内需は長期に増えていくというのがコンセンサス。北米中心に世界景気も悪くなく、日本株は大局的には上昇局面にある」と、プリンシパルの板垣氏は話す。
28日発表された米国の4-6月(第2四半期)の実質GDP(季節調整済み、年率)改定値は前期比4.2%増と、速報値の4%増から上方修正された。エコノミスト予想は3.9%増だった。
東証業種別33指数では鉱業、不動産、非鉄、鉄鋼、建設、証券・商品先物取引、ゴム製品、保険など23業種が下げた。非鉄については、欧州諸国がロシアへの追加制裁を警告したことできのうのニューヨーク銅先物が1.5%安と4カ月ぶりの大幅安となったことが響いた。情報・通信、パルプ・紙、その他製品、精密機器、陸運など10業種は上昇。
東証1部の売買高は概算20億5937万株、売買代金は1兆8052億円。値上がり銘柄数は694、値下がりは949。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/08/29 18:49 世界のニュース TB(0) CM(0)
8月27日:主要金融機関を狙った今月の組織的なハッカー攻撃で、米JPモルガン・チェースを含む少なくとも銀行5行が標的となった。米当局者が明らかにした。
13572055_s.jpg

米捜査当局から報告を受けた別の当局者によれば、ハッカー攻撃で顧客データが盗まれ、このデータは口座から資金を引き出すのに使われる恐れがあるという。これら2人の当局者は捜査が継続中であることを理由に匿名で語った。このコメントに先立ち、ブルームバーグ・ニュースは27日、銀行へのハッカー攻撃を報じていた。
また米政府から説明を受けた別の捜査当局者によると、ハッカーが狙ったのは顧客と従業員の情報だった。事情に詳しい複数の関係者は、流出データの規模は数ギガバイトに達し、重大な金融詐欺とされる可能性があるとしている。
金融情報が流出するケースの大半は小売店や、消費者のパソコン(PC)へのハッカー攻撃だ。今回のように厳重なセキュリティーが施されている大手行のシステムが被害に遭うのはまれだ。
この日、ロシアのハッカーがウクライナ問題をめぐる制裁への報復としてJPモルガン・チェースなど少なくとも2行に攻撃を仕掛けたかどうかを米連邦捜査局(FBI)が調べていると報じた。JPモルガンはハッカー攻撃の被害を受けたかどうかについてはコメントを控え、同行のシステムにはハッキングに備えて何重ものセキュリティーが用意されていると述べるにとどまった。
事情に詳しい関係者によれば、JPモルガンはまだ異常な動きや不正行為を突き止めていない。
米当局は盗まれたデータが口座からの資金引き出しに使われた形跡がないかを調べているが、27日午後の時点でまだ見つかっていない。米当局者が語った。こうした不正行為がなければ、ハッキングが政治目的だという根拠の1つになる。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/08/28 17:00 世界のニュース TB(0) CM(0)
平均株価取引やオプション取引と違って、FXマーケットには他のマーケットにないメリットがあります。ここでそれについて少し紹介したいと思います。
1e80620e.jpg

FX初心者に小さいロットからでも取引可能です

通貨市場は世界最大の市場でもあり、もっとも自由的なマーケットでもあります。

トレーディングの初心者として最初にだれでも大きな資本を持っているわけではないのです。一般的な株式市場や先物市場に参加することも多分できないでしょう。しかしFXマーケットなら、一般的な100,000ユーロなどの契約でなく、自分で決めた金額から取引が可能です。初心者として、あんまり膨大な資金をリスクにせずにマーケットで勉強できるのはすごいメリットだと思います。そして、オンラインのFX業者の発展によって、100円などのロットも取引可能となりました。

個人的な意見で、初心者としてはあんまりレバレッジを使わない方がいいと思います。なぜなら、トレーディングは他の職業と同じく、上達になるまで、時間がかかります。その間に使われた資金、つまりロスした資金、は学費だと考えてもいいでしょう。ですので、最初から大きな資金などをかけないのが一番いいです。目安として、トレーディングを本業にし、安定な収入もらえるまでおよそ2~5年間ぐらいの時間がかかります。もちろん正しい指導をもらえるトレーダーたちは数ヶ月で上達できることもあります。一人一人違う学習スピードがあるからです。

時間にこだわらずいつでもFXトレーディングできます

ネットが発達したとともに、オンライントレーディング業者もだんだん多くなりました。そして、パソコンやタブレットの普及と同時に、様々なデバイスからマーケットアクセスができるようになりました。昔は取引所のメンバーになってないかぎり取引できなかったでしょう。

そして、FXマーケットは他のマーケットと違って、中央取引所がないんです。例えば原油などの先物契約はニューヨークにあるNYMEXに取引されますので、取引時間もニューヨーク時間になります。それはアジアやヨーロッパにいるトレーダーたちにとって少し不便だと思います。しかし、通貨市場の場合は違います。インターバンクのネットワーク上で取引行うので、取引時間や場所にこだわらず、いつでも取引可能です。例えば、東京にいる日本円トレーダーたちは東京時間の朝、ロンドン時間の朝(東京の夕方)、もしくはニューヨークの朝(東京の夜中)の時間帯に取引できます。自分のスケジュールに合うものに自由に選べます。その他にも、違う時間帯にマーケットは違う性質を持っているから、マーケットを観察する機会もそれなりに多くなります。

FX取引手数料やスプレッドなどは安いです

一般的に言うと、FX取引の手数料は他のマーケットより遥かに安いです。なぜなら、FXマーケットには深いリクイディティがあるからです。つまりFXマーケットに参加する人が多ければ多いほど、スプレッド(買うと売る値段の違い、つまり手数料のこと)が低くなります。特に頻繁にトレード行う人やデイトレーダーたちにとってすごいメリットだと思います。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/08/28 08:30 FXトレーディング TB(0) CM(0)
違う国にいると、違う時間帯に取引しなければなりません。FXマーケットの「性質」も時間帯によってかわります。
304.jpg

時間帯が変わると、マーケットのリクイディティやスプレッドも変わります

取引しているペアによって最適な取引時間も変わります

確かにFXマーケットには24時間取引可能ですが、通貨ペアによって高いリクイディティの時間帯と低いリクイディティの時間帯があります。リクイディティが高ければ高いほど、スプレッド(手数料)が低くなります。そしてブレイクアウットの可能性も高くなります。デイトレーダーたちにとって、なるべく高いリクイディティの時間帯に取引したほうがいいでしょう。

この前、100人の日本人FXトレーダーにアンケートを実施しました。その結果の中から「日本人は東京証券取引所の時間よりニューヨーク取引所の時間に取引している」ことがわかりました。平均として、夜の22から夜の12時までの時間帯はもっとも一般的な取引時間です。

アジアのFX通貨ペアだったら、日本とロンドンの時間が最適です


ドル/円や豪ドルなどの通貨を取引している場合、ニューヨーク時間より日本時間とロンドン時間がいいと思います。もちろん、FXマーケットにはオフィシャルなボリューム数字がないため、個人的な観察からしか結論出せません。数年間のトレーディング経験からみると、日本とオーストラリア時間が重なった時一番ボリュームが高いと思います。その次に日本とイギリス時間が重なった時です。つまり円や豪ドルなどを取引しているなら、日本時間朝の9時から昼間12時、そして昼間3時から夕方5時が最適です。

あと一つ注意しなければならないことは経済指標などの発表です。ほとんどの経済指標はニューヨーク時間に発表されるため、なるべくデイトレのポシションをオーバーナイトマーケットに持ち込まない方がいいでしょう。

ユーロなどの通貨ペアであれば、ロンドンとニューヨーク時間が一番です

よくチャートを観察してみると、ユーロなどのペアはアジア時間帯にほとんどフラットな状態にあります。ほとんど100%のブレイクアウトはニューヨークやロンドン時間に起きます。

もちろんユーロやポンドなどの通貨を日本からデイトレしたい場合、ロンドンとニューヨークの時間が重なるとき(日本時間夜20時から12時)が一番ですが、一部のトレーダーにとってスケジュール上難しいため、ロンドン時間の朝(日本時間昼間3時から夜7時まで)に取引してもいいでしょう。

そして30分や1時間足チャートを使う場合、日本時間3時から新しいチャートにした方だいいと思います。なぜなら違う時間帯に違う「センチメント」があるからです。例えば、ユーロなどの通貨ペアはアジア時間にほとんど横向きで、ロンドン時間朝に30~90ピップス動きますが、ニューヨーク時間朝に50~120ピップスのレンジ動きます。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/08/27 08:30 FX市場ってどんなとこ TB(0) CM(0)
1e80620e.jpg

 
8月26日:東京外国為替市場では円が反発し、ドル・円相場は1ドル=104円を割り込んでいる。米国の早期利上げ観測を背景としたドル高・円安の流れに一服感が広がる中、円を買う動きが優勢となっている。
ドル・円は104円台前半から一時103円75銭までドル売り・円買いが進み、午後2時10分現在は103円89銭前後。ユーロ・円相場も1ユーロ=137円台前半から一時137円02銭と20日以来の水準まで円が買われ、足元では137円18銭前後となっている。
上田ハーロー外貨保証金事業部の片桐友仁氏は、「米国の早期利上げ期待の高まりから米短期金利が堅調に推移していることでドル買い圧力が加わりやすいが、足元では手掛かりに乏しく、こう着感が出てきている」と指摘。急ピッチでドル高が進んだこともあり、ドル・円が104円台を維持できない場合には「調整リスクが高まる」としている。
ユーロ・ドルも朝方に11カ月ぶりのドル高値となる1ユーロ=1.3179ドルを付けた後、1.3208ドルまで値を戻し、同時刻現在は1.3204ドル前後となっている。

ドルの上昇一服

ドル・円は前日のアジア時間早朝に一時104円49銭と1月23日以来のドル高値を付けた。その後は伸び悩み、この日の東京市場ではウクライナ情勢への懸念などから日本株が下げ幅を拡大する中で、午前10時前後からドル売り・円買いが強まる展開となった。
ユニオン・バンクのトレーダー、白井万雄氏(ロサンゼルス在勤)は、追加緩和の観測がある中央銀行もある中で、米国が利上げに向かっているということで、今後もドル高基調が続く可能性は高いとみているが、ドル・円については「104円半ばをやってしまったので、ここしばらくは103円50銭から104円50銭のレンジ」になると予想。「ドル・円を売りたいという日本の企業もあると思うので、それを徐々にこなしながら上がっていくという感じなのではないか」と指摘していた。
ウクライナ政府は25日、戦車10台を含む装甲車車列が同日ロシアからウクライナ東部に侵入したと発表。一方、ロシア政府は親ロシア派が掌握するウクライナ東部に人道物資を届けるため第2次支援トラックを派遣する計画を公表した。ロシアのプーチン大統領とウクライナのポロシェンコ大統領は26日にベラルーシの首都ミンスクで会談を行う。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/08/26 17:00 世界のニュース TB(0) CM(0)
最初にFXマーケットのチャートを見るときに、多分ランダムな模様でしか見えないですが、経験と積み重ねれば、簡単にマーケットからの「合図」と読めるようになれます。

FX市場のチャート読むとき常に長期チャートから始めること
1403165827724.jpg

トレンドとノイズは違います。ノイズは花火のようにあっというまに消えてしまします。しかしトレンドは長い時間わたってマーケットに影響を与えます。

FXマーケットを予想するために多くのトレーダーたちは1分足、5分足に集中しますが、それは間違っています。マーケットを正しく読むために常に長期チャートから見る必要があります、たとえデイトレーダーでも。
取引するタイムフレームが短ければ短いほど、マーケットはランダムになります。なぜなら、一人のトレーダーやファンドのマネージャーなどが簡単にマーケットを動かせるからです。

FXマーケットの状況把握のためにトップダウンのアプローチは一番です

ボトムアップの方法でマーケットを読むトレーダーはもちろんいますが、おすすめするのはトップダウンのアプローチです。簡単に言えば、もっとも長期的なチャートから初め、徐々に下へ行く方法です。例えば、デイトレをしている場合、まずはユーロの月間足チャートから、そして週間、日足、60分に行く形になります。

そしてたとえデイトレしているとしても、常に長期トレンドをメモしておくことが大事です。なぜならマーケットは長い時間わたって常にトレンドに従う傾向があるからです。

FXチャート上にそのままメモをした方がいいです

文字で表現するより、絵で表現した方がいいと思います。人間っていうのは、文字よりも絵を長く覚えられるからです。そのため、レジスタンスやサポートレベルを数字だけでメモするのもちょっと役に立たないと思います。解決策として、チャート上にそのままレジスタンスやサポートレベルを書くのが一番早いです。
是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/08/26 08:30 FXトレーディング TB(0) CM(0)
ダイナミックトレードのレバレッジは最高400倍。
他社だと1000倍とかありますよね。
そうなるとあまり高くないのでは??

でも・・・

良く比較して下さい。
多くの会社が残高に反比例してレバレッジが低くなり1:200もしくは1:100まで落ちるブローカーが実は多いんです。


こんな注意書きを良く見かけます
『口座有効証拠金が1万ドルを超えた場合、最大レバレッジは200倍に、10万ドルを超えた場合、最大レバレッジは100倍に制限されます』

小額取引なら確かに他社のほうが高いレバレッジを提供しています。
しかし小額取引のハイレバレッジではすぐにロスカットを食らってしまうケースも多くあります。

取引額が大きいクライアントにFXの魅力を楽しんでいただくためのハイレバレッジを提供のダイナミックトレード
\100,000($1,000)~証拠金無制限で400倍のレバレッジを御利用いただけます!!

広告の表示からだけではわからない数字ってありますね。
forex-nasil-oynanir.jpg

8月25日:東京外国為替市場では、ドルが対円で1ドル=104円台前半と、約7カ月ぶりの高値圏で推移した。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の講演を受け、日本やユーロ圏との金融政策の方向性の違いを背景としたドル買い圧力が強まっている。
午後3時25分現在のドル・円相場は104円20銭付近。早朝に一時104円49銭と1月23日以来の水準までドルが買われた後は伸び悩み、104円13銭まで水準を切り下げる場面もみられた。ドルは対ユーロで一時1ユーロ=1.3184ドルと、昨年9月以来の高値を更新している。
外為オンライン情報サービス室の佐藤正和顧問は、「米国の利上げが景気次第で早まるという可能性が高くなってきた」と指摘。「日欧の金融政策との差は明らか」だとし、週内に日米欧で発表される経済指標の内容を見極めながら、ドルがユーロと円に対してじりじりと上値を試す展開を見込んでいる。
ただ、佐藤氏は、ドルが過去1週間で102円台から104円台まで大台を次々と切り上げていることから、「上昇スピードが速い」と言い、「いったん売りが出てもおかしくない」と話した。
イエレン議長は22日、ワイオミング州ジャクソンホールで開かれたカンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムで講演し、「米経済は、大恐慌以降で最も大きく、かつ長期にわたる雇用喪失からの回復過程で相当の進展を遂げてきた」と指摘。また、労働市場の改善が「予想よりも速いペースで続いた」場合は利上げが現在の想定よりも早く実施され、追加利上げのペースも速まる可能性があると述べた。
主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のドル・インデックスは一時82.628と、昨年9月以来の水準まで上伸した。

各国指標と地政学的リスク 

市場が注目する経済統計をめぐっては、米国で今週、25日の7月の新築住宅販売件数をはじめとして、住宅関連指標の発表が相次ぐほか、日欧の物価関連指標の発表が控えている。
日本では29日に7月の鉱工業生産も発表される。バークレイズ銀行の門田真一郎為替ストラテジストは、「下振れすると、7-9月期の景気懸念」につながり、相場が動く可能性があると予想。また、ユーロ圏の物価が弱い内容となれば、「追加緩和期待でユーロ安という動きになりやすい」とも言う。
欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は22日、ジャクソンホールでのシンポジウムで講演し、「政策スタンスをさらに調整する用意はできている」との見解を示している。
一方、26日にはドイツのメルケル首相、ウクライナのポロシェンコ大統領、ロシアのプーチン大統領が会談する。メルケル首相は24日までに、今回の会談がウクライナ情勢をめぐる事態の大きな打開にはつながらない可能性を示唆している。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/08/25 17:00 世界のニュース TB(0) CM(0)
Search form
Calendar
07 | 2014/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。