DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
FXマーケットを形作るものには4つの要素があります。需要と供給、投機と期待感、政府と国際取引です。
data (2)

トレンドとはFX投資家やトレーダーが通貨取引で収益を生むもとになるものです。短期・長期にかかわらず、価格変動が損益を産み出すのがFXトレードです。マーケットで短期・長期変動の原因となる主要なファクターは4つあります。これらのファクターは非常に重要な要素ですので、トレーダーとして成功するためには是非とも理解しておきたい点です。

政府

政府は自由市場の方向性に大きな影響力を持っています。金融・財政政策は市場に重大な影響を及ぼします。政府や中央銀行は金利調整により、その国の経済成長を促進または抑制しようとします。これを金融政策といいます。

失業対策や価格安定のため、政府は支出を加減します。これは財政政策といいます。市場に出回る通貨の量や金利を調整することにより、政府は国から流出・国へ流入する投資の流れを変えることができます。

期待感と投機

世界金融システムにおいて期待感や投機といった概念は重要なファクターです。経済に対する政治家、消費者、投資家それぞれの評価がマーケットの先の価格や現在のマーケットにどう反応するかに影響を及ぼします。将来の価格に対する期待感は現在起こっていることに依存し、現在、未来双方のトレンドを形成していきます。テクニカル指標やファンダメンタル分析と共に、こういったタイプの指標を分析することで、将来のトレンドや価格への期待感が生まれてきます。これをバイアスと呼びます。

国際取引

異国間の投資の流れは国の通貨の強さや経済に影響を及ぼします。国からお金が流出すればするほど、通貨や経済が弱くなっていきます。サービスや商品の輸出に大きく関わっている国では、常に資金を国に取り込んでいます。こういった資金は、その国の金融市場を刺激し成長させる役目を果たす再投資に使われます。

需要と供給

通貨、製品、その他の投資の需要と供給は、常に変動する価格の動的環境をもたらします。需要と供給の変化に伴い、レートや価格も変化します。製品や通貨に対する需要が高ければ、供給は減少し、価格が上昇します。もし供給が増え需要を超えると、価格が低下します。供給が一定している場合は、需要の増減に伴って価格も上下に変動します。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2014/09/21 09:00 FXトレーディング TB(0) CM(0)
ストックオプションが良く知られたタイプのオプションですが、FXマーケットでのオプション取引にもすごいチャンスが多くあります。

Fibonaccis.png

「オプション」と聞いてほとんどの人が思い浮かべるのは、株式市場でしょう。しかし、FXマーケットでも多くの通貨オプション取引のチャンスがあります。通貨オプションはリスクが限定されたシンプルな取引で収益チャンスを多く提供するものです。

FXオプションの種類

FXにおけるオプション取引には2種類あります。最も一般的なものは株式オプションと類似した機能を持つ従来のオプション取引です。もう一つは、スポットオプション、または単一決済オプショントレードというもので、より柔軟性が高くなっています。

従来オプションとスポットオプション

オプション取引は、オプションの売り手からあらかじめ決められた将来の一定期日内で、権利行使価格で買う権利(オプション)のことを言います。例えば、ユーロ/米ドルを2ロット、1.3000で1か月後に行使するオプションを買いたいとします。もし1か月後の価格が1.3000であれば、買い手はプレミアム分だけの損失となります。

スポット取引では、プレミアムクォートを入手してから価格の方向性予測が正しければペイアウトを受け取ります(権利行使)。原則的に、スポットでは取引が成功しているときにはオプションが自動的にキャッシュに現金化されます。

オプション取引のメリット

オプション取引のメリットをいくつか記載します。

• リスクはオプションプレミアム(価格)分のみに限定される

• 収益の可能性は無限大

• 満期の期日と価格を設定する

• 前もって払う金額は少額

• リスクを限定するために他のオプションのヘッジとして利用できる

• 多額の資本のリスクをとらずにマーケットの動きを予測する取引に利用できる

  スポット取引によるオプションでは以下のような選択肢があります。

• ワンタッチ注文のスポット:価格が特定のレベルに達したらペイアウトを受け取る

• スタンダードオプション

• ノータッチ注文のスポット:価格が特定のレベルに達していなかったらペイアウトを受け取る

• ダブルワンタッチ注文のスポット:価格が2つのレベルのどちらかに達したらペイアウトを受け取る

• デジタルオプションのスポット:価格が特定のレベルに達していないか、それ以上である場合はペ  イアウトを受け取る

• ダブルノータッチ注文のスポット:価格が2つのレベルのどちらにも達していなければペイアウトを受  け取る

オプション取引のデメリット

オプション取引には多くのメリットがありますが、デメリットもいくつかあります。

• スポットオプションは売却できません。いったんオプションを購入したら気が変わってもオプションを  売ることはできません。

• プレミアム(オプション価格)はオプションの日付や行使価格によって変わるほか、利回りも変わり  ます。

• 予想に反する場合もあります。

• マーケットに動きがある時期には正確な価格と期間を予測するのは難しい場合もあります。


是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/09/19 08:00 FXトレーディング TB(0) CM(0)
ストックオプションは、その汎用性から多様な場面で利用することができます。

a0237012_17395354.gif

投資家のポートフォリオには債券、株式、投資信託、そしてFXもラインアップされています。しかし、多様な取引の選択肢はこれにとどまりません。オプションとして知られる別のタイプの証券はFXトレーダーをはじめとするオンライントレードにたずさわるトレーダーにも収益チャンスをもたらしうるのです。通貨取引オプションやその他のオプションが使える理由というのはその汎用性、多用途性です。マーケットに変化があった時に自分のポジションをオプションによって変更・調整することができます。オプションは投機的にも保守的にも使えます。オプションを使ってポジションを下落から護ったり、マーケットの方向を予測したりすることができます。

オプションとは?

オプションは、あらかじめ決められた将来の一定期日内で、特定の権利行使価格でオプションの基となる資産を売買する権利のことを言います。オプション取引には2種類あり、それぞれプット、コールと呼ばれています。

• プット・オプションとは、将来の一定期日内で、あらかじめ決められた権利行使価格で売る権利のことを言います。
プットは株式取引におけるショートポジションに照らし合わせることができます。プットを購入する場合は、満期前に価格が下がることを予測しています。

• コール・オプションとは、将来の一定期日内で、あらかじめ決められた権利行使価格で買う権利のことを言います。
コールは株式取引におけるロングポジションに照らし合わせることができます。コールを購入する場合は、満期前に価格が上がることを予測しています。

投機とヘッジ

ストックオプションを取引する主な理由は2つあります。ヘッジと投機です。投機には、証券の価格変動に賭けをする側面があります。オプション取引のメリットは価格が上昇した場合の差益のみにとどまらず、価格が下降しても横滑りであっても収益を得られることです。投機は大きな収益をあげることができる一方で、大きく損を出すこともあり、リスクが高いものです。

オプションを取引するもう一つの理由はヘッジを行うためというものです。ヘッジは、保険を掛けることに例えられます。ヘッジ戦略は非常に役立つものであり、ヘッジの利用は大機関だけに限られたことではなく、個人投資家もそのメリットを享受することができます。例えば、取引を行いたいけれども損失も限定したい場合、オプション取引でそれを実現できます。オプションでは損失が限定されている一方、成功した場合には収益をまるまる享受することができるからです。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/09/18 08:00 FXトレーディング TB(0) CM(0)
つづき

電話を掛けたら出ていただけました!
そこでいくつか質問を・・・
DT「あの、記載されているDynamicTradeって詐欺なんですか?」
先方「何か被害にあわれたんですか?」
DT「いや、ちょっと同名の会社を知っているんですが、その会社実は詐欺会社なのかな?と」
先方「そうですか」
DT「『実在する会社と同一であるとは限りません』と書いてありますが、同一かどうかわかりますか?」
先方「では登録していただき、調査することとなります」
DT「え?お金掛かるんですよね?」
先方「はい、調査費用が・・・」
DT「でも、ここに詐欺会社だっていう風に記載してあるということは、該当する会社の基本情報くらいはありますよね」
先方「調べないと判らないんです」
DT「じゃあ、調べてもらって結果違った、違う会社だったということもあるわけですか?」
先方「調べないと判りませんので登録をしていただき・・・」

ネタバラシ
blood2.jpg

DT「いや、まってください。私DynamicTradeからお電話してるんですけど、弊社出金トラブルも無いですし、ちゃんとお客様にはお取引していただいているんです。ですから、この記事が弊社のものでないのであればきちんとその旨記載していただかないとインターネットの風評被害が大きいのは御理解いただけますよね?」
先方「調べないと、担当者に聞いて・・・」

いや、ほんとに。シャレにならないです。
もし別の会社だったらこっちは本当に毎日必死で出金処理は遅延が無いように、お客様の質問御要望には即応えられるように頑張ってるんです。
もし弊社のことなら直接お話していただければ全力で解決しますし。

でもこのサイト1つがどれだけお客様の不信感を煽るか。
努力踏みにじられたこの気持ち本当にぶつけたかったですよね。

DT「いや、もし弊社ならちゃんと問題を把握したいんです。その場合具体的にお客様がお困りだという事情を教えてください」
先方「個人情報なので・・・」
DT「いや、個人の情報は要らないんです。でも、貴社も解決のお手伝いをって謳っているわけですから解決するには結局弊社とのお話が必要になりますよね?これが弊社ならちゃんとお話をm(。≧Д≦。)m」

先方「削除します。」

いや、そうじゃないんです・・・。
いや、そうなんですけど、もし弊社じゃないなら削除を、弊社なら対応を・・・

結局一方的な削除でお話は終わりでした。
いくつかこういうサイトが目に付きましたが、

皆様!
弊社DynamicTradeで入出金の問題もしくはお取引の問題、御不明点がある場合には弊社にお問合せください!
これにめげず今後もサービス向上に邁進してまいりますので是非ダイナミックトレードでお取引をお楽しみください


是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/09/17 08:00 詐欺にあわないで TB(0) CM(0)
ダイナミックトレードではお客様が弊社に
「直接言えないけれど、ここが不満!」
といった御意見を吸い上げるためにブログに掲載された御意見を良く参考にさせていただきます。
例えば、リスクフリートレードって本当なの?詐欺っぽくない? などのホームページの御意見には弊社の担当者がコメントを追記し、御説明を差し上げているのですが・・・
ここ最近9月4日辺りからなぜか
「投資詐欺!?|Dynamic Trade(ダイナミックトレード)」
というようなページが目に付くようになりました。
えええ!お客様トラブルがあったのか?!とこういったページを見ると全て「詐欺被害相談相談」の会社のブログなのです。
laptop-thief.jpg

しかし、被害内容はまぁ適当なもので
「ダイナミックトレード 出会い系詐欺」いやいや、弊社は出会い系サイト運営してないですし。
「未公開株での入金詐欺」いやいや、未公開株扱ってないですし。
弊社は出金トラブルの報告も無いですし、取引も正常に行っていただいております。
全てフリーダイヤル、通常の番号があったのは1件のみ。
これがもしお客様からの報告だとしたらそりゃ対応しなくては!!!
いや、しかし、大分怪しい・・・。具体的な内容は一切書かれていない。
そこで1件電話を掛けてみました

つづく


是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/09/13 09:00 詐欺にあわないで TB(0) CM(0)
ピボットポイントはFXトレードにおいて重要な視点であり、ピボットポイントを理解することでトレーダーは全体的なリスクを抑えることができます。 

060626tokobushi2.jpg

FX取引にはレジスタンスラインやサポートラインといった水準があります。FX相場を動かしているFXトレーダーたちが利食い、ストップロス、エントリーポイントの意思決定のツールとして使っています。しかしながら、初心者トレーダーはオシレーター系テクニカル指標であるRSI(相対力指数)、MACD(移動平均収束拡散法)により注目しがちで、リスクを定義するポイントを見落としがちです。リスクが通貨取引で定義されていないとマージンコール(追証金請求)につながる一方、計算されたリスクは長期的には収益獲得への改善につながります。レジスタンスやサポ―トを判断する助けとなるツールの一つがピボットポイントです。ピボットポイントを見つけることで、FX取引におけるリスクを抑えることができます。

ピボットポイントの解説

ピボットポイント戦略は元来、先物やエクイティ取引でフロアトレーダーにより使用されていたもので、FXマーケットでも極めて有用であるということが実績で明らかになっています。実際、ピボットポイントで予測されたレジスタンスやサポートラインは、市場規模が大きくマーケット操作から護られているFX取引のほうが有効に働きます。原則的に、FXマーケットは、流動性がそれほど高くないマーケットよりもレジスタンスやサポートといったテクニカル原理に従って動きます。

ピボットポイントの計算方法

ピボットポイントをある時間枠で計算することができます。前日の高値、安値、終値を使って当日のピボットポイントを算出します。計算式は次の通りです。

前日安値+前日高値値+前日終値=当日のピボットポイント

ピボットポイントが実際どのように作用するのかをよく理解するために、ユーロ/米ドルで、計算されたレジスタンスやサポート水準からどれだけ安値や高値が乖離しているか統計を出してみましょう。計算方法は次の通りです。

• レジスタンスライン、サポートライン、ピボットポイントを特定に日数分計算します。

• その日の安値からサポートピボットポイントを引きます。

• その日の安値からレジスタンスピボットポイントを引きます。

• 差の平均を出します。

まとめ

デイトレーダーは日足ピボットポイントを計算し、スイングトレーダーなら週足データを基に各週ごとのピボットを決定し、ポジショントレーダーではれば月足データを利用して各月の始まりごとにピボットポイントを決定する、という具合に、トレード戦略は時間軸にかかわらず同様です。算出したピボットポイントにより先の時間枠でレジスタンスやサポートラインがどこに来るかといった目途をつけることができますが、トレーダーはすぐに実行に移せるようにしておく必要があります。ピボットポイントはより成功を勝ち取るために確かに有効ですが、マーケットの変化に対して準備しておくことはもっと大切です。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/09/09 06:40 FXトレーディング TB(0) CM(0)
自然界の多くの事象がこのフィボナッチ数により求められる比率に類するとされており、金融市場でも重要な数値として利用されています。

img_1.jpg

FXトレーダーは皆、勝率を上げるための手法や設定を見いだそうとしています。相場のトレンドをフォロー(順張り)すれば勝率が上がると信じるトレーダーも多くいます。トレンドに順張りでトレードする際に、FXトレードのエントリーポイントと出口(エグジットポイント)を見いだすための手法がいくつかあります。

フィボナッチ数の解説

自然界の多くの事象がこのフィボナッチ数により求められる比率に類するとされており、金融市場でも重要な数値として利用されています。13世紀の数学者ピサのレオナルド・フィボナッチが発見した数列で、最も重要視されている比率は1:1618、すなわち61.8%や0.618という数値です。更に、フィボナッチのエクステンションとして2.618や1.618という数値も重要視されています。FXトレードでは、レオナルド・フィボナッチによってサポートライン(支持線)やレジスタンス(抵抗線)を見つけることができます。

トレードでは、よく参考にされるフィボナッチラインは61.8%、50%、38.2%、そして場合によっては76.4%、23.6%も使用されることがあります。相場の値動きの押しや戻りの目標価格を推測する手法であるフィボナッチ・リトレースメントは、ある一定期間の高値と安値を使って相場の変動幅を探る数値ですが、相場が強いトレンドを示すときは38.2%を、相場が弱いトレンドを示すときは61.8%や76.4%の数値を参考にする場合もあります。

フィボナッチ・リトレースメントによるトレンドラインの引き方

ここでは、フィボナッチのトレンドラインは左から右に引くというのが最も重要な点です。強気配で下落傾向のリトレースメントが見つかった場合は、サポートライン(支持線)を見つけます。弱気配でリトレースメントが発現した場合は、レジスタンスライン(抵抗線)を見つけます。覚えておくべき大切なことは、どんなトレード戦略を使っていても100%の確度でマーケットの動きを予測することは不可能だということです。サポートラインとレジスタンスラインを注意深くウォッチするのが最善の策です。下降トレンドで強い上値抵抗線があるか、上昇トレンドで強い下値支持線がある場合はその先に目標値を設定できます。

フィボナッチ数で目標価格を設定する

フィボナッチ数を利用して目標価格を設定する方法は2通りあります。現在のトレンド方向においてフィボナッチ・リトレースメントを使って計算し目標価格を設定する方法と、「フィボナッチエクスパンションツール(Fibonacci Expansion Tool)」を利用する方法です。現在のトレンドでフィボナッチラインを引きます。例えば、下降トレンドでは、左から右、上から下に引きます。それからレジスタンスラインを探します。そのトレンド方向の相場が続いている間にトレードすることに集中します。週足トレンドを4時間足チャートで拾うのは無理がありますから、適切な時間軸を設定する必要もあります。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/09/07 09:00 FXトレーディング TB(0) CM(0)
為替レートはFX取引の重要な要素ですので、このレートを左右するものが何かを理解しておくことは重要です。

20111014210214aa8.jpg

インフレや金利といった要因に加え、為替レートは国の相対的経済健全性の最も重要な指標の一つとなります。為替レートはその国の貿易レベルにとって重要であり、世界の自由市場経済にとって欠かせないものです。このため為替レートは経済措置としては最も分析、操作、ウォッチが盛んなものとなっています。より小さな規模においても、FXトレードのポートフォリオに影響を及ぼす為替レートは重要です。このため投資家にとって何が為替レートを駆動するかを理解することが大切になります。

為替レートの概要

為替レートは自国における他国との貿易関係に影響を与えます。その国の通貨が強ければ、外国市場との関係において輸入高が下がり、輸出額が上がります。一方、通貨が弱くなれば輸入高が上がり輸出額が下がります。為替レートが高いと貿易収支は下がり、為替レートが低ければ貿易収支は上がります。

為替レートの決定因子

為替レートに影響を及ぼす要因はいくつかありますが、それは全て国家間の貿易関係に関連するものです。為替レートは相対的価値を示すものであり、2国家間の通貨比較を示すものであるということを念頭に置いておく必要があります。

インフレ―ション

一般的にインフレ率が常に低い国家では通貨価値が増加するため他国に比べて購買力が高くなります。20世紀後半では、インフレ率が低い国家にはスイス、ドイツ、日本といった国が挙げられ、カナダ、アメリカのインフレ率が低くなったのはさらに後のことでした。一般的に、インフレ率が高い国家の通貨は貿易相手国の通貨に比べて安くなる傾向にあります。また、高インフレ率は高利子率に関連していることが多くなっています。

金利

為替レート、金利、インフレーションは互いに密接な関わりを持っています。中央銀行は金利調整を行うことによって為替レートやインフレ率を操作しようとします。このため、金利調整によって通貨価値やインフレ率が変化します。経済界において高金利であることは債権者の利回りが他国と比べて高くなることを意味します。すなわち、高金利は外国資本の引き寄せにつながります。一般的に、為替レートの価値はこれにより上がっていきます。高金利による効果は、その国のインフレ率が他国よりも高かったり、通貨価値を下げる他の要因がある場合には、最小限に抑えられます。金利が下がれば逆の現象が起こります。金利が低ければ為替レートの低下につながるのです。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ

2014/09/05 08:30 FXトレーディング TB(0) CM(0)
FXマーケットは1日中24時間、週5日取引することができ、その取引高は毎日4兆ドルにものぼります。

S6345867959690625004029.jpg

売買、投機などのトレード時間は、為替市場の取引時間と呼ばれています。FX市場(為替市場)は、1日中24時間、週7日取引することができますが、FXトレードには投資顧問会社、中央銀行、民間企業、個人トレーダー、FXブローカー、ヘッジファンドや銀行など多くの参加者が参加しています。このマーケットは異なる都市や地域のタイムゾーンで活動するため、1日のほとんどの時間、いずれかの市場にアクセスできることになります。

FXマーケットの主要取引時間帯

国際為替市場は1つの具体的な取引所で管理されているわけでも中央取引所が統制しているわけでもありません。世界中いたるところにあるブローカーや各市場のグローバルネットワークによって成り立っています。FXの取引時間は、参加国の市場が開く時間によって決定されます。以下は主要な為替市場です。

ニューヨーク市場:日本標準時 10:00pm to 7:00am
ロンドン市場:日本標準時 5:00pm から 2:00am
シドニー市場:日本標準時 11:00pm から 8:00am
東京市場:日本標準時 9:00am から 6:00pm

外国為替市場についての詳細

外国為替市場は、株やコモディティーなどのような一般的な取引所で取引されているわけではありません。FXマーケットを形成する金融機関や個人トレーダーのグローバルネットワークには独自の取引時間があります。ある国の取引時間は標準的なビジネスアワーと同じであるのに対し、従来とは異なる取引時間で活動するFXマーケットもあります。

外国為替市場の取引時間換算

為替市場はそれぞれ異なるタイムゾーンで取引されているため、それぞれの市場の活動時間帯が日本時間の何時に相当するかを追うのは面倒ですので、為替市場の時間帯換算表を目安にすると便利です。外国為替市場の取引時間換算表を参考に、世界の各市場の取引時間を確認できます。昼夜を問わず1日のほとんどの時間に取引可能であっても、常に取引するべきというわけではありません。熟練したFXトレーダーは、トレードがよりうまくいくのは市場が活発に動いている時間帯であると承知しています。これはすなわち、活動量が少ない取引時間帯のトレードは、流動性が低いため避けるべきだということです。

FXトレードにおけるその他のヒントは次の通りです。

三大市場(ニューヨーク、東京、ロンドン)の取引時間帯が重複する時間帯にトレードするようにする
そのほか、2つ以上の市場の取引時間が重複する時間帯が取引の活発な時間帯です。外国為替市場の取引時間換算表を参考に、各市場の取引時間が複数重複している時間にトレードできるよう調整できます。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/09/04 08:30 FX市場ってどんなとこ TB(0) CM(0)
wing.jpg


三菱商事や、三菱重工業の子会社「三菱航空機」などは、国産初のジェット機を使い、航空会社などから運航業務を受託する新事業を検討していることを明らかにした。
関係者によると、三菱商事は、今週中にも協議会を発足させ、三菱航空機や日本政策投資銀行などと連携し、地方路線や近距離アジア路線などの運航を受託する「リージョナル航空会社」の設立を目指す。
運航にあたっては、座席数70~90席の、国産初の小型ジェット機「MRJ」を使うことで、費用や時間の節約を図り、MRJ1号機の納入が始まる2017年の実現を目指すという。
協議会では今後、新会社設立に必要な法改正や規制緩和などを国に訴えかけることも検討する。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/09/02 19:48 世界のニュース TB(0) CM(0)
Search form
Calendar
08 | 2014/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。