DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
株価指数とは、株式市場全体の相場方向または相場の特定分野の相場状況を数値化するために、元となる個々の株を一定の計算方法で総合したものです。オンライン取引という目的においては、株価指数は測定している株価の変動に基づいて取引されています。株価指数はFXなど他の多様な取引手法を補完できます。

PHM11_0861.jpg

株価指数とは、株式市場全体の相場方向または相場の特定分野の相場状況を数値化するために、元となる個々の株を一定の計算方法で総合したものです。オンライン取引という目的においては、株価指数は測定している株価の変動に基づいて取引されています。株価指数はFXなど他の多様な取引手法を補完できます。オンライン取引という目的においては、株価指数が測定する株価がどう動くとご自分が予想するかに基づいてポジションを保有します。相場が上がると思えば、ロングポジション(買いポジション)をとります。一方、相場が下がると思えば、株価指数のショートポジション(売りポジション)をとります。

株価指数の種類

株価指数にはグローバル市場の株価指数と、各国市場の株価指数の2種類あります。S&P 100などのグローバル指数は、大企業の株価変動や動向を、その企業の出身国を考慮せずに数値化するものです。オンライン取引プラットフォームでは、このような指数は各国指数ほど人気がありません。

各国指数は一定の国における株価変動や動向を数値化します。S&P 500(米国)、NSDQ 100(米国)、FTSE 100(英国)はすべて各国指数です。この種の株価指数はFX取引と同様にオンライン取引プラットフォーム上で広く利用されています。各国指数は一定の国における数企業の動向に注目しています。このため、各国指数はその特定国の経済に対する投資家や消費者の信頼感や評価を示していると考えられています。

株価指数市場の活用法

株価指数も通貨や株式と同様に取引されます。他の金融商品と同様、分析チャートはろうそく足チャートで表すことができます。さらに、同じようなテクニカル指標を用いて売買のタイミングなどをはかります。株価指数はその指数に対応する個々の株式の価格に基づいているため、その指標の株価に影響を及ぼす要素を理解することが重要です。

株価指標取引を始めたいなら、まず知っておかなければならないことがいくつかあります。指数取引で必要とされる証拠金は、一般的に株式やFXのものよりも大きくなっています。このため指数取引を始めるには大きな資金が必要となります。前述の様に、取引プラットフォームを使用した株価指標取引は、株やFXと類似しているため、同じテクニカル分析や指標を使用して収益機会を見出すことが可能です。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2014/12/30 08:00 証券・株式 TB(0) CM(0)
トレーダーが多くの通貨を売買・投資・交換できるのがFX市場であり、多くの異なるトレーダーや会社が関わっています。

1111.jpg

オンラインFX市場はトレーダーがいろいろな通貨で投機・売買を行う相場です。国際FX相場は、中央銀行、民間企業、世界的な銀行、投資会社、FX投資家、ブローカー(仲介業者)、ヘッジファンドなどによって構成されています。通貨取引相場は世界最大の金融市場であり、その流動性と規模は、新しい情報が世界中に数分もたたずに広まるという現実を物語っています。オンラインFX相場が他の相場と大きく異なる独自の特長がいくつかあります。その特長には、場合によっては個人トレーダーに有利に働くものがあります。

通貨相場の特性

FX取引はニューヨーク証券取引所の様に集約的な取引を行わず、一般的には店頭取引を行うという点で株式取引とは異なります。オンラインFXが店頭取引(OTC)だという点は、通貨が単一的取引ではなく地理的に複数の場所で取引され、それらが革新的通信技術によってつながっていることを意味します。店頭取引は特定の通貨の呼び値に違いが生じうるということでもあります。

グローバルな通貨市場は、1日中24時間営業している世界で唯一の市場です。取引が終了しているのは、週末のみです。この通貨市場の別の特長は、取引を行う者はだれでも、異なる価格アクセスレベルを利用できるという点です。この点が、参加者全員が単一・同一値を利用する商品相場や株式相場と異なる点です。

相場の参加者

通貨相場には多くの異なるタイムゾーンからの参加者がいます。参加者は巨大な金融機関・銀行から個人の小売トレーダーや会社などまで多岐にわたります。中央銀行はFX市場において最も影響力を持つ存在の一つです。一方で、日々の営業においては、取引デスクや企業クライアントを持つ主要な民間銀行がこの相場における主な参加者です。大企業、特に大きな資本移動量と取引量を持つ企業もFX取引量の主要部分を占めています。ヘッジファンドや投資運用会社も頻繁にこの市場に参加しています。

価格差

銀行の通貨取引デスクは、大量かつ狭いスプレッドで特徴づけられる銀行間相場に注力しています。こういった取引デスクは商業上の需要を満たすため、または相場を張るためにポジションを取ります。商業上の大口顧客は、これらの銀行から利幅を伴う価格相場を得ています。利幅またはマージンは取引規模と顧客に依存します。一般的に小売顧客は銀行間相場の参加者よりもスプレッドが大きくなっています。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/12/29 08:00 FX市場ってどんなとこ TB(0) CM(0)
以下に、FX取引に常に参加している主要プレーヤーをいくつか挙げています。オンライン取引プラットフォームには個人も参加できるようになりました。
56c05d77.jpg

オンライン取引プラットフォームの出現により、FX取引は個人トレーダーの間で人気を得るに至りました。オンラインFX取引は中央銀行や投資会社、民間銀行、果ては国家の外為計画に重要な影響を及ぼすようになりました。FX取引への活発な参加者を分類します。分類された参加者の違いは、技術的なレベル、資金運用技術、統制調査能力のレベルといった高度化・資本化の程度にあります。

民間銀行

銀行はFX相場の大手プレーヤーで、規模は個人トレーダーと比べて大きいものの、関心の対象は類似しています。民間銀行も個人トレーダーも同様に、FX取引から収益を得ようとしているのです。

中央銀行

市場経済を持つ先進国の殆どは、自国の通貨システムの統制をとるために中央銀行を設立しました。中央銀行の役割は、国によって大きく異なるものの、主要な責務は民間銀行のように収益を上げることではなく、政府の金融政策を執行することにあります。更に、中央銀行はその国の通貨価値の変動の安定化を図ります。

ヘッジファンド

近年FX取引が盛んになり、個人トレーダーが増加したことで、よりヘッジファンドのような高リスクの投資の人気も高まってきました。ヘッジファンドは国内外の資産運用会社によって管理されており、通常、そういった会社の投資プールは非常に大きいため、数百万単位の通貨が扱われています。

民間企業・会社


民間企業・会社も、FX相場へ活発に参加しています。小規模輸出入業者から数十億ドル規模の大企業まで、様々な形態のものがあります。これらの企業が相場に参加する理由は、国際的に製品を売買する事業に関わっているという事業の性質にあります。

オンライン小売ブローカーおよびトレーダー


個人トレーダーは、自動ブローカーまたは対人FXブローカーを介して取引注文を行う必要があります。一定の通貨を別の通貨に交換して収益をあげるには、オンライン取引プラットフォームを使用する必要があります。個人トレーダーは銀行間相場で利用できる価格にはアクセスできません。数百万ドルの資金を動かせるヘッジファンド管理者でなければ、大きな銀行と取引することはできません。FX取引に参加するには、小売ブローカーを採用する必要があります。ブローカーは比較的少額の通貨で取引ができるような取引プラットフォームを提供します。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/12/27 08:00 FXトレーディング TB(0) CM(0)
ダイナミックトレードではRUB関連ペアの取り扱いを従来行ってまいりましたが、諸事情によりRUBの取り扱いを本日より停止させていただきます。
再開は現状のところ未定です。

恐れ入りますが何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。
2014/12/24 21:31 DTからのお知らせ TB(0) CM(0)
現在EUR/TRYのスプレッドのメンテナンスを行われており、スプレッドが一時80pipsとなっておりました。
12/24 18:55 現在は10pipsに設定されております。

ご不便をお掛けしたことを心よりお詫び申し上げます。

ダイナミックトレード
2014/12/24 18:56 DTからのお知らせ TB(0) CM(0)
平素よりお客様にはお世話になっております。

ダイナミックトレードではサービス向上を目指し、まずはその第一歩としてシステム障害やメンテナンス
について迅速にお客様にご連絡するためブログでの発信を行います。

まずは本サポートブログでの発信、次にWebsiteでのリアルタイム更新を予定しております。

今後もよりお客様に快適にお取引いただけるよう一層の努力を続けてまいりますのでよろしくお願いいたします。

ダイナミックトレードスタッフ一同
2014/12/24 18:45 DTからのお知らせ TB(0) CM(0)
先物取引市場は、金融派生商品としては最も古いタイプのもので、他の金融市場とは著しく異なるものです。
                       

FX取引や他の金融取引の経験がある方であれば、金融派生商品(デリバティブ)という言葉を耳にしたことがあると思います。他の商品の価格変動によって投機的に価値を増やすことができるのがデリバティブです。オンライン取引においては、デリバティブの価格は固有価値に依存するものではなく、マークしている商品の価値の変動に基づいています。例えば、S&P500のデリバティブ値は、実際のS&P500インデックスの価格変動に基づいています。

先物取引の仕組み

先物取引は派生商品としては最も古いもので、作付け時と収穫時における作物の価格の差によるリスクを農家が回避(ヘッジ)できるようにと策定されたものです。このため先物取引には穀物や家畜を扱うものが多いのです。その後、先物取引市場は、エネルギー、貴金属、債券、株式や工業用金属へと広がり成長して行きました。

先物取引対その他の金融商品

先物取引は、外為といった他の金融商品とは異なります。まず、先物取引の価値は取引対象の商品自体に基づくのではなく、他の商品の動向に基づいています。さらに、先物取引は期限付きです。ずっと存在し続けるオンラインFXや株式とは異なり、先物取引は事前に定められた有効期限があり、その期日を過ぎると、契約は存在しなくなります。このため、先物取引を行う際には、タイミングや相場動向が非常に重要となります。一般的に、取引期限を設定する際には、いくつか選択肢があります。例えば、この先6か月間に、2か月ごとに期限が来る小麦の先物取引の場合なら、この期限内の中から選ぶことができます。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中


2014/12/24 08:00 投資・資産運用 TB(0) CM(0)
株式市場は、通常、収益を上げることを目的としてトレーダーが株式の売買を行うマーケットです。



株式市場は、株を売買するトレーダーの集合体です。こういった株式は証券取引所に上場しています。世界の株式市場は、2008年10月にはおよそ36.6兆ドル規模でした。世界の金融派生商品市場は、予想額面でおよそ$791兆ドルといわれ、世界経済全体の11倍にも及びます。金融派生商品(デリバティブ)市場規模は想定元本であるため、株式市場とは直接比較できません。一方、株式やオンラインFXといったその他の金融商品は、実価であるといわれています。さらに、多くのデリバティブは本質的に相殺されるため、株式やFX取引とは大きく異なります。このような、非流動性の有価証券の多くは実勢価で評価されていません。

株取引

株式市場におけるトレーダーは通貨取引におけるトレーダーと類似しています。株取引は個人から巨大なヘッジファンドまで、どんな形でも行うことができます。オンライン取引のおかげで、株式売買は世界中で同時に行うことができます。一般的に、株注文はブローカーが仲立ちをして株式の売買を実行しています。地上の証券取引所では、取引は取引所の立会場で、公開競り売買方式(オープン・アウト・クライ)というやり方で実行されます。この方式は商品や株の売買どちらにも使用され、トレーダーは口頭で応札します。もう一方のタイプの証券取引所は、ネットワークコンピュータで構成された仮想の取引所で、トレーダーは電子的に設置されています。

市場への参加者

株式市場の参加者は、投資信託会社、ヘッジファンド、銀行などの企業投資家や小売トレーダーというのが一般的です。自社株を取引する民間企業や企業トレーダーは、小売投資家に比べて、リスク調整されたより高い収益を得るのが一般的です。

数十年前、世界中の売り手・買い手は企業経歴が長い実業家といった個人投資家でした。時が経過し、市場が分化・制度化されるにつれ、売り手や買い手も、投資信託、上場投信、ヘッジファンド、保険、銀行、投資会社など、それぞれの目的を持つ機関へと発達していきました。

株式市場における企業組織による取引が増加したことにより、市場の運用がいくつかの点で改善されました。それぞれの投資家に対し、固定かつ高額な手数料を下げる段階的な動きがありました。運営費用の低減も一部影響していますが、むしろ、大企業が大手ブローカーによる規格化された手数料設定方法に異議を申し立てたことも一因です。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/12/23 08:00 証券・株式 TB(0) CM(0)
FX取引の世界では、取引に影響を及ぼす、スプレッドのゼロ拡大というものを理解することが重要です。



ゼロスプレッド拡大とはオンラインFX取引において考慮すべきポイントです。スプレッド拡大がゼロであるとは、特定の相場条件期間、スプレッドを無しにするFX会社の口座の特長です。FX初心者の個人トレーダーであっても、新たに取引開設を行うプロの投資家でも、ご自分で必要としているオファーや選択肢を提供しているFX会社を見つける必要があります。

FX会社とボラティリティ

FX会社を選定する場合には、相場が乱高下しているときのスプレッドの大きさも考慮するといいでしょう。FX取引では、経済の予想内・予想外の展開、天災、政治的変化、テロリスト行為などにより相場が大きく変動する時期があり得ます。多くのFX会社は、ボラティリティ(変動性)によって収益を得ようとするトレーダーの過剰な取引の流れによるリスクを低減するために、相場が大きく変動する時には広いスプレッドをとっています。スプレッドの拡大は一般的慣行で、FX会社を乱高下相場から保護するために定められています。すなわち、トレーダーは相場が乱高下している時は、標準的な取引に加わるためにより大きなプレミアムを支払う必要があるのです。トレーダーがリスクの増加やリスクへの露出に対する対策をとらないと、報酬に対するリスク比は消極的な方向に歪み、有益な取引を行うことはできなくなります。

過剰なスプレッド拡大の回避

FX会社を選定する場合には、ご自分の収益に影響を与える可能性がありますので、相場が乱高下しているときにスプレッドがどれだけ拡大するかを考慮しましょう。ブローカー(FX会社)に、スプレッド拡大の取り決めについてFX会社のWebサイトやその他の文書に明確に記載が無ければ、直接問い合わせてみましょう。相場が大きく変動している時にスプレッドが過大に拡大しないということが確実にわかれば、その期間でも安全に取引できます。

一部のFX会社には、市場のボラティリティ(変動性)が高い時期のスプレッドを撤廃し、相場乱高下時のスプレッド拡大をゼロにしているものもあります。市場のボラティリティが高いときにいつも取引を行う方には有利な点になりえますが、そのようなFX会社では通常、スプレッド撤廃による損をカバーするために手数料が高くなっています。相場のボラティリティを活用するのでしたら、ゼロスプレッド拡大ポリシーによって、スプレッドが広い場合のリスクリワード率を気にせずに取引を行うことが可能になります。スプレッドが取引に及ぼす影響は数点ありますので、FX会社選定の際には、常にこれらを考慮するとよいでしょう。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/12/22 08:00 スプレッド TB(0) CM(0)
FX初心者が取引実績の土台を築くための心得としてとるべき措置がいくつかあります。


投資は初心者であったとしても、経験のあるトレーダーでも、FX取引についてすぐ学べます。オンラインFX取引を始める前に、通貨取引実績の土台を築くための心得としてとるべき簡単なステップがいくつかあります。確固たる土台があり、よく練られた取引計画があれば、FX取引で成功できるでしょう。

ステップ1:FX取引について学ぶ

通貨取引に関する基本的な知識を得ることがステップ1です。学びは非常に重要であり、取引キャリアを積む過程でも常に学んでいくでしょう。オンラインの解説記事が沢山ありますので、そこからFXに関して必要なことを学ぶこともできます。また、経験のある投資家やトレーダーの話を聞いて、FX取引の実用面での見解を得ることもできます。

ステップ2:はじめは小さく

FX市場の基礎を理解したら、本物の取引で自分の知識やFX戦略を試したくなります。FX会社でライブ取引口座を開設する必要があります。口座が開設され、入金が済んだら、取引開始可能です。はじめは、取引がうまくいかなかった場合の損を最小限に抑えるため、小さな取引を重ねましょう。数か月取引してみたら、ご自分の戦略を評価してみます。成功したら、少しずつ大きな取引を行っていきます。もし戦略通りに収益をあげることができなければ、戦略を見直して変更しましょう。

取引の記録を取る

たとえ小さな取引だったとしても、必ず取引の内容を日記や記録に残しておきましょう。稼げた時も損をした時もすべての取引を記録しておくことによって、より成功に近づくことができます。正しい判断・間違った判断をした箇所が明確になるからです。記録しておけば、なぜうまくいかなかったのかを理解しミスを訂正することができますし、うまくいった場合にはまた同じことを繰り返せます。記録が無ければ、成功した取引もダメだった取引も追跡することが難しくなりますので、取引手法を改善するのは難しくなります。

上記のステップを取ることができれば、FX取引の成功に一歩近づいたと言えるでしょう。経験豊富なトレーダーになるには時間と努力が必要ですが、勤勉に行えばFX取引で継続的に収益が得られるようになるでしょう。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/12/20 08:00 FXをはじめる TB(0) CM(0)
Search form
Calendar
11 | 2014/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。