DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
スイス中銀、スイスフラン高抑制の無制限介入終了を受けてスイスフラン(CHF)関連通貨ペアのスプレッドをマーケットが安定するまで300pipsといたします。

ご面倒をお掛けしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
2015/01/15 19:18 DTからのお知らせ TB(0) CM(0)
この度ダイナミックトレードアフィリエイトチームがiFXアジアに参ります。
ダイナミックトレードのプロモーションにご興味のあるアフィリエイト/IBの皆様、是非会場で一度お話をしませんか?

お時間の調整をさせていただきますので、以下までメールにてご連絡をください。
marketing@dynamictrade.jp

お待ちしております
2015/01/12 20:12 DTからのお知らせ TB(0) CM(0)
日銀が8日発表した生活意識アンケート(昨年12月調査)によると、暮らし向きに「ゆとりがなくなってきた」と答えた割合は前回9月調査から2.6ポイント増の51.1%となり、2012年12月調査以来、2年ぶりに半数を超えた。景況感が1年前に比べて「悪くなった」との回答も7.3ポイント増の38.8%。昨年4月の消費増税や円安を受けた物価上昇に賃金の伸びが追いつかず、家計の負担感が増していることが影響しているとみられる。


n-ECONOMY-large570.jpg

 暮らしにゆとりがなくなってきた理由(複数回答)は「物価の上昇」が71.1%、「収入の減少」が50.4%にのぼる。「ゆとりが出てきた」は0.5ポイント減の3.9%にとどまった。また、景況感が「良くなった」は5.2ポイント減の5.9%。「良くなった」から「悪くなった」の割合を引いた景況感指数はマイナス32.9で、12年12月調査以来、2年ぶりの大きなマイナス幅となった。

 収入が1年前と比べて「減った」は40.8%で同1.6ポイント減ったものの、「増えた」(9.2%)を大きく上回った。物価が1年前に比べて「上がった」と感じているのは79.5%、1年後と5年後の物価も「上がる」が8割超と、賃金が伸びない中での物価上昇に対する警戒感の強さがうかがえる。

アベノミクスで企業業績や個人消費が上向き、景況感は12年12月調査を底に改善傾向にあった。しかし、今回の調査では、消費増税や急激な円安による輸入価格上昇を受けて、景況感は再び冷え込みつつある姿が浮かび上がった。

topimg_original.jpg

 昨年11月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く総合)は18カ月連続で上昇し、前年同月に比べて2.7%伸びた。給与総額が増えても、物価の値上がりを織り込んだ実質賃金は11月が同4.3%減と、17カ月連続で減少。雇用や大企業の冬のボーナスは改善しているが、恩恵が広がっているとは言えない状況だ。

 原油価格の下落でガソリン代は下がっているものの、円安による原材料高騰などで食品の値上げが相次ぐ。1月からパスタや食用油、即席麺が値上げされたのに続き、2月にはレトルトカレー、3月に天ぷら粉やアイスクリームなどの値上げが続く。日銀は「物価高から生活にゆとりがなくなり、景況感の先行きにマイナスの影響が出てくる可能性がある」と指摘している。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/01/10 08:00 世界のニュース TB(0) CM(0)
ユーロのデフレ圧力が止まらず、いわゆる「マイナス金利」導入を含むさまざまな政策をやってきたECBがさらなる量的緩和に踏み切ることが予想されています。今のところ、市場では「国債のECB買い入れ」をやるというかその手段の採用に追い込まれるという見方が主流です。これまでカバードボンドなどを含む民間資産の買い入れで量的緩和に対応してきましたが、もはや物がなくなりつつあり、1-3月にもユーロ参加国の国債買い入れによる量的緩和に追い込まれるのではとみられています。

従来から議論されていることですが、国債をECBが買ってしまうことについては理念的な問題が大きいとされます。

特にある特定国の国債を買うことはEU条約の禁じる特定国への財政支援と理解されかねないからです。したがって国債を買うにしてもいわゆる加盟国すべての国債について発行総額や出資額に応じた「バスケット」で買ってしまうという案が一般に有力視されています。

ところが先週にドイツの週刊誌が、メルケル首相の意向として、ギリシャ総選挙が緊縮に反対する政策を掲げる野党の勝利に終わった場合(つまりギリシャが緊縮政策を捨てる場合)にはギリシャへのユーロ離脱を容認する(つまり支援をおこなわない)との政府筋の情報を報じました。

m60227.jpg

ギリシャの総選挙は1月25日であり、この結果次第でECBの国債買い入れのやり方にも影響が出てしまうという可能性が出てきました。つまり、野党が勝って緊縮政策が取り下げられると考えられユーロ離脱が現実味を帯びるとなると、その状態でECBが(明らかに信用が毀損する)ギリシャ国債を買うというのはどう見ても「まずい」わけです。つまり総選挙で野党が勝った瞬間に、ギリシャのCDSスプレッドがぶっ飛んでしまう可能性を否定できないわけです。もうかなりぶっ飛んでますが、第一次のギリシャ危機のピークからはまだまだ低レベルといえます。
もちろん、すでにギリシャ国債はほとんど民間では保有されていないことは救いです。デフォルトしても市場に与える影響は少ない(もちろんECBに与える影響は大きいですが、そこはECBの信用力で吸収?)ともいえるのですが、やはり救済するつもりがないならギリシャの国債を新たに買うことができないのは明白です。また逆にバスケットで買うこと自体、ギリシャを救済するというメッセージになるからです。それはドイツが本当に上記のような方針をもっているなら、やはり難しいこととなります。結局のところ上記のようなリークの内容とギリシャ総選挙の結果予想とを組み合わせると、国債買い入れが難しくなっている、あるいは買い入れを難しくさせた、ということを意味します。
今のところドイツは公式には上記のようなギリシャ離脱容認の方針を認めていません。しかしこの段階で上記のようなリークが出てきたこと自体、国債買い入れそのものに対するドイツの根強い反対がそうさせたものと直観で思ったのですがちがいますかね?

但し、国債買い入れをやらないと量的緩和が非常に困難であるということも事実なので、もしかしたら今後ウルトラCがあるのかもしれませんが、最後は無理やりなし崩し的に国債買い入れを実行して現状維持(問題の先送り)をやるのかなぁとは思っています。

ややこしいことに、ユーロを「離脱する」手続きは条約などで定められていません。つまりユーロは参加国が離脱することを想定していない。ユーロ離脱はEUからの離脱ということしかありません。初めてEUを離脱する国が出るということが現実味を帯びるわけです。このことは、もともと斜に構えていた英国の行動にも影響を与えかねません。ユーロを出ていくということ自体かなり技術的にはハードルが高いと考えられます。やはり理念先行で浮かれて政治(財政)統合を伴わない共通通貨を作ってしまったユーロの設計ミスは、統一通貨の便益のかなりの部分をデフレや格差拡大などで打ち消す形で、欧州にとっての大きな後悔になっているのではないか、と思う次第です。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/01/09 08:00 世界のニュース TB(0) CM(0)
白紙委任していない国民、依然カギ握る「第3の矢」

design_img_f_1519249_s.png

「アベノミクスの3本の矢」のうち、第1の矢の金融緩和、第2の矢の財政出動が進み、残る第3の矢の成長戦略が成果を遂げるかが、カギとみられる。

暮れの衆議院選挙では、アベノミクスは失敗だと訴えた野党に反し、道半ばだが「この道しかない」と訴えた安倍首相の下、与党で前回並みの議席数を獲得したことから、国民は「アベノミクをもう少し見てみよう」という判断をしたとみていいのだろう。

選挙の結果は、決して国民が安倍政治のすべてを白紙委任したということではないのだが、選挙は「比較の世界」のことだから、現政権の続行を後押しすることにほかならない。

期待がかかる第3の矢の成長戦略とは、既存の産業で埋もれているものを再興する、あるいはこれまでになかった産業を新たに生み出すことだ。

既存の産業の中には、これまで日本国で培った技術がありながら、人件費の安い国に取って代わられたという現状がある。こうした産業を、効率よく収益があがるものへと転換していく打開策が必要だ。

20130224abe.jpg

金融緩和で円安に向かう現在だが、長期間続いた円高で、国内の既存の工場などが諸外国に流出し、産業の空洞化に拍車をかけた。

農産物もアメリカやオーストラリアなどの大規模農業と生産効率に開きがあり、結局は価格で輸入ものに負けてしまう。活路は、付加価値をつけるか、むしろ諸外国より廉価で世界に売れる農産物の生産を目指し、マーケットを世界に求めていくしかない。

新たな産業とは、たとえばiPS細胞研究がその一つだが、これまででは考えられなかった遺伝子医療を日本発で世界に売り出すことや、原子力発電や新幹線技術などの輸出で、諸外国に新しいマーケットを開拓するなど、新たな産業を生み出そうというのが、アベノミクスの成長戦略だ。これまでは禁じていたカジノ産業を導入し、観光ビジネスの目玉にしようというのも、その一つだ。

ところが、第3の矢は現時点では思うような成果が見られず、成否が問われているのも事実だ。

アベノミクスが想定通りにうまくいけば、法人税収が増大し、同時に給与生活者の所得に反映されることで、所得税からの徴税プラス個人消費が湧く。それにより、消費税を通じての徴収も見込めるというのだ。

だが、こうした好循環の前に誤算も生じている。すなわち、財政再建目的で税率を10%と決めていた消費税増税を延期したり、諸外国との格差是正のための法人税率引き下げを決定したことなどで、財源不足が生じている。また、景気回復までに費やされる景気刺激予算、消費税増税対策としての低所得者手当、子育て支援などの予算の支出が重くのしかかる。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/01/08 08:00 世界のニュース TB(0) CM(0)
外国為替市場の取引高は、4兆米ドルにも及びます。これは、世界で最大規模の市場です。

dealer_02.jpg

集約的な取引形態ではないため、トレーダーは自分のオンライントレードを行うためのFXブローカー(FX会社)を見つけなくてはなりません。
オンラインFX会社を選ぶ際に、ご自分の必要に見合ったブローカーを見つけることができるよう、気を付けるべき特長を押さえておきましょう。

口座の内容

FX会社はいずれも、次のように、取引を行うために開設する口座に関して異なる要件や仕様を設けています。

• マージンやレバレッジ:
レバレッジの設定(例:200倍や50倍)はFX会社によって異なります。レバレッジが高いほど、発生する利益額が大きくなります。

• スプレッドと取引手数料:
FX会社はスプレッドと取引手数料で収益を上げています。

• 初期入金:
ほとんどの場合、FX口座への入金は少額で済みます。レバレッジを使えば少額の入金でも大きな額を取引することができます。
初期入金の要件は、会社によって様々です。

• 入出金の容易性:
資金や入出金、銀行取引オプションに関するFX会社の取り決めは様々です。
通常、出金は電子振込や小切手によって行い、これに手数料を課す会社もあります。

取引通貨ペア

FX市場で取引が可能な通貨ペアは幅広くありますが、取引が盛んな通貨ペアは限られています。このため、そういった通貨ペアの流動性が最も高く、すべてのFX会社が取り扱っている主要通貨ペアとなります。FX会社が取り扱う多くの通貨ペアの中で、ご自分のご興味がある通貨の通貨ペアを扱っていることが重要となります。

顧客サポート


FX市場は、1日中24時間取引できるため、FX会社のサポートも24時間対応しているところを選択したいものです。対応に関しては、音声などの自動回答システムではなく、実際のオペレーターとすぐ話ができるFX会社かどうかも検討するとよいでしょう。

取引プラットフォーム/取引ツール

取引プラットフォームは、FX市場にアクセスするためのツールですので、使いやすくシンプルな取引プラットフォーム(取引ツール)を用意しているFX会社を選びましょう。さらに、充実した分析ツールや注文など取引の実行を容易くできる取引ツールが望ましいといえます。きちんとした取引ツールであれば、注文ミスなどを防げるように「売り」「買い」ボタンが見やすく配置されているでしょう。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/01/07 08:00 FXトレーディング TB(0) CM(0)
Forex(フォレックス)とは、外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の略で、単にFXと記載されます。FX取引では、一つの通貨を購入すると同時に、別の通貨を売却します。
Untitled-design-13.png
Forex(フォレックス)とは、外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の略で、単にFXと記載されます。FX取引では、一つの通貨を購入すると同時に、別の通貨を売却します。すなわち、通貨取引とは、購入された通貨と売却された通貨の交換を行うことです。オンラインFXはいわゆる店頭取引にあたります。FX取引できる異なる二国間の通貨ペアには、ユーロと米ドル(EUR/USD)や、米ドルと日本円(USD/JPY)などがあります。FXは株式のような集約的な取引を伴わない点で異なり、取引はオンラインまたは電話で行われます。

通貨取引の目的

世界の通貨取引は、次の2つのどちらかに属しています。

• 利益を出すための投機(通貨取引全体の95%を占めます)

• 対外貿易―企業が外国の製品を売買し、その利益を海外売上高を自国通貨建てに変換(通貨取引全体の5%を占めます)

FXトレーダーの大半は、「メジャー」と呼ばれる最も流動性の高い通貨ペアに集中しています。これらの通貨には、ユーロ、米ドル、英国ポンド、日本円、スイスフラン、オーストラリアドル、カナダドルがあります。毎日行われるFX取引のおよそ85%が、これらの主要通貨ペアに関与しています。

FX取引の利点

FX市場は、世界で最も大きな金融取引市場を形成しており、1日中24時間取引できます。この市場の取引高平均は、毎日およそ4兆米ドルにも及びます。市場は日曜日5:00pm(東部標準時)から金曜日5:00pm(東部標準時)まで開いています。取引はオーストラリアのシドニーから始まり、営業時間が始まるにつれ、東京、ロンドン、そして最後はニューヨークと、世界各国をめぐります。FXは金融市場としては異色ですが、その理由は、取引を行うものが、通貨変動に対しそれが発生した場所や時間帯に関わらず、即座に反応できるという点です。

また、FXはインサイダー情報が実質的に皆無なので初心者にもはじめやすい取引です。通貨の為替レートは、通貨の需要と供給やその他の世界経済状況に基づいて変動します。この情報は、公開情報であり、手に入りやすいため、トレーダーはみな同じ情報を同じ時間に入手することができるのです。従って、通貨のわずかな変動を利用することにより利益を得ることができますし、為替レートは常に変動していますから、常に利益を上げる機会があると言えます。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/01/06 08:00 FXをはじめる TB(0) CM(0)
貴金属である金の歴史において、金のオンライン取引は比較的新しい出来事です。金の取引は、通貨取引、株取引、そして今日の金融市場で行われているその他の取引が始まるはるか以前から行われてきました。金の発見以来、採鉱の困難さやその希少さから、金は常に投資の対象でした。金は多くの政治的勢力をも生み出しました。

Gold-wallpaper-18.jpg



オンライン取引の幕開以前

1946年の第二次世界大戦終了後、ブレトンウッズ会議で金1オンスの価格は$35と決まり、米ドルを世界の基軸通貨として金本位制が導入されました。すなわち、外国為替における米ドルの価値を後ろ盾するのに金が使用されたのです。金の価格が固定されたため、金を取引する意味が無くなりました。1971年にアメリカ合衆国がブレトンウッズ体制の破棄を宣言し、金の取引が可能になりました。この方針転換は、1974年にアメリカ合衆国が市民に金を所有することを許可することで完結しました。

金本位制が破棄されてから、金の価格は破格に跳ね上がり、およそ2,220%にも上昇しました。1980年代に、金の価格は1オンス$800まで上がりましたが、この反騰後、19年続いた下げ相場で1オンス$260に下がりました。しかし、オンラインFX市場やその他の金融市場と同様に、金市場も循環変動し、その後、1オンス$1600の高値をつけています。

現在の金市場

現在の金市場は、オンライン取引のおかげで様相が変わってきています。1980年代には、どの金融市場もコンピュータや技術革新の影響を受けましたが、金も同様です。今日では、世界中のブローカーやトレーダーが通貨、商品、インデックス、株式などを取引することができます。金の価値は1オンスいくら(米ドル)という形であらわされていますが、これはすなわち、特定の米ドル価格で金を売買できるということです。金を投資手段として利用する方法を学ぶことは極めて重要で、FXトレーダーとしてのスキルを拡大するのに役立つでしょう。

金の価格を正確に予測することは不可能ですが、確かなことがあります。現在の金市場は不安定だということが重要なポイントです。不安定さは必ずしも悪いことではなく、金トレーダーは、ショートポジションやロングポジションの買い持ちを駆使し、金の変動から利益を得ることができるのです。勝ちへの秘訣は、不安定さの中にトレンドを見い出すことです。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/01/05 08:00 投資・資産運用 TB(0) CM(0)
FXブローカーとは、トレーダーがFX取引を行えるようにするための自動ソフトプラットフォームまたは、会社を指します。

201009140921-1.jpg

FXブローカーとは、トレーダーがFX取引を行えるようにするための自動ソフトプラットフォームまたは、会社を指します。FXブローカーはオンライン取引を実行できるようにするための様々なプラットフォームを提供するでしょう。顧客が公正だと判断するような営業を行うことにより、オンライン取引の世界で個々の位置を確立し、生き残ってきました。一般的にそういった営業を行っていない業者は、顧客をすぐ失ってしまうため存在することができなくなっています。

FXブローカーの種類

小売取引を可能にするブローカーは、主に2種類あります。マーケットメーカーと呼ばれる値付け業者である証券会社と電子証券取引ネットワーク(ECN)です。ECNは通常、より独占排他的で、トレーダーが取引を始めるには高額の預け入れが必要となることがあります。しかし、FX市場へのより直接的なアクセスを提供すると信じられており、これにはメリットとデメリットの双方があります。一方で、マーケットメーカーは取引に関わるカウンターパーティーであり、利益の相反が創出される場合があります。ECNは取引の結果に関わらず取引に対して直接手数料を徴収することで利益を得ています。この手数料はECNがトレーダーの損失に対してインセンティブを持たないことから、中立的であると考えられています。

一方で、ECNは実際のところ、取引が成功した方がより多くの収益を得るという考え方もあります。トレーダーがそのブローカーを使い続ければ、ECNはより長期にわたって手数料を回収できるからです。前述の様に、マーケットメーカーは投資家の取引におけるカウンターパーティーであるため、投資家が損失を出したときに、より稼ぎを得る立場にあります。これにより倫理上問題のある営業につながる場合があり得ますが、すべてのブローカーがそうというわけではありません。マーケットメーカーにはいくつかの利点もあり、ECNより費用がかからないという事実もその1つです。一般的に、マーケットメーカーはことさら客に損をさせようとはしているわけではないのですが、グループ逆指値の恩恵を受けるのです。

その他のタイプのFXブローカー

一部のFXブローカーには、各オーダーを分析し、一番利得を産み出すオーダーを行おうとするアルゴリズムによってオーダーを出すため、ECNやマーケットメーカーのどちらの分類にも該当しないものがあります。このようなブローカーはトレーダーの注文同士にオフセットを設け、自家市場を作るのです。カウンターパーティーとして動いたり、外部のカウンターパーティーを介してヘッジ取引を伴うポジションを相殺したりします。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/01/03 08:00 FXをはじめる TB(0) CM(0)
燃料源として原油が発見されてから、石油商社は個人にも石油の価格相場を張る投機機会を提供してきました。

plant_img.jpg

原油は、銀、ガス、金などの商品に対して比較的新しい商品ですが、それは自動車の動力源として使用されるようになってから人気を集めるようになったからです。現在では、貴重な資源であり、原油の採掘と加工に専念する国際産業が成立しています。
これが、FX取引における通貨ペアと同様に、オンライン取引で取り扱われるようになっています。

原油の重要性

再生不能資源である原油への依存は問題だという主張があるものの、数千もの雇用機会や企業が原油に依存しています。世界各国が石油に依存していますが、石油資源に恵まれているのはわずか数か国に過ぎません。このため、原油は各国間の政治的関係に影響を受けます。大半の石油輸出元である中東をめぐる外交政策が石油価格に大きな影響を及ぼします。

石油取引の原理

石油は米ドルでバレル単位で取引されます。オンライン取引では、実際に現金で支払ったり、石油を自宅に運んだりする必要はありません。オンライン取引プラットフォームでは、数百バレルでもクリックひとつで購入することが可能になります。FX会社と同様に、提示価格と競り値のスプレッドから取引手数料が発生します。FX取引用の分析システムを使用した経験がある場合は、そのシステムを修正して原油取引にも使うことができます。修正のポイントとしては、価格帯の他、石油価格に影響する政治的・経済的要素を含めることです。

原油先物取引

ニューヨークマーカンタイル取引所で行われる原油先物取引は、世界でも最も活発に取引されている商品先物取引です。この商品取引所での価格が国際的な指標として使用されるため、取引の透明性・流動性が優れています。この非常に重要な商品市場へ個人投資家が便利かつ容易に参加できるようにするのが原油先物取引です。石油精製、生産、探査など幅広い範囲のエネルギー会社が価格リスク回避のために原油先物取引を利用しています。精製業者は硫黄含有度が低く、ディーゼル燃料、ガソリン、ジェット燃料、灯油の収率が高い軽質スイート原油を好みます。様々なエネルギー製品を大量に消費するビジネスも、原油先物取引を利用して価格変動から身を守ることができるのです。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2015/01/02 08:00 投資・資産運用 TB(0) CM(0)
Search form
Calendar
12 | 2015/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。