DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
湾岸アラブ諸国では、常に変動する相場のボラティリティ持続が豊かな投資機会を提供するため、FX取引が大幅に伸びています。



湾岸協力会議(GCC)は1981年に設立され、石油輸出各国の科学、経済、ビジネスにおける協力体制を構築するために設立されました。中東諸国は、石油輸出国機構(OPEC)とは別に、アラブ文化やイスラム教への信仰を経済的利益として共有しています。本部はGCC参加国では最も大きな国であるサウジアラビアのリアドにあります。GCCは、米国の石油輸入額の3分の1を供給しており、米国債務のおよそ$255分を握っています。これらの国は石油だけに依存しないよう、経済の多角化を試みています。

FXボラティリティ

金融市場の多くでは、ボラティリティ(変動性)が増加すると不動産やエクイティ(株主資本)の投資家離れが起こります。しかし、ADS Securities 社によると、FX市場は湾岸協力会議加盟諸国における投資選択肢として最も人気を得つつあります。ADS Securities 社のGCC & MENA 地域営業統括部長であるクラウス・ヌーヴォー‐ニコライセン氏は、高いボラティリティは今や当然のことになってきており、FX取引では相場の乱降下中に投資家が大幅な利益上げることができると語ります。

ニコライセン氏は、通貨変動と経済の不確実性がグローバルオンラインFX市場を成長させ、一日の取引高はおよそ4兆米ドルに達しており、他の金融市場と合わせても、3倍の大きさであると言います。最近まで、主要通貨ペアは著しい取引レベルを経験しました。ユーロ/米ドルは最近、2008年の金融危機以降最も高レベルのボラティリティを記録しました。ニコライセン氏は日足のボラティリティ(イントラデイボラティリティ)が著しく増加し、世界経済の懸案事項が未解決であることにより、高レベルのボラティリティが続くと言います。

湾岸協力会議加盟国とFX

湾岸協力会議加盟国であるクウェート、オマーン、サウジアラビア、バハレーン、アラブ首長国連邦、カタールのFX取引はグローバルトレンドの影響を受けます。米ドルが弱くなったことで、沿岸協力会議加盟国が自国の外貨に対するリスクエクスポージャーに気が付くことになりました。ニコライセン氏は、過去数年間の米ドルは安定しているため、米ドルに固定されている通貨がことさら気を付けて財務管理を行う必要はなかったと言います。

しかしながら、伝統的な市場における最近のボラティリティの増加および流動性の減少により、通貨管理の必要性が出てきました。ニコライセン氏は、アラブ首長国連邦は湾岸協力会議加盟国のFX取引において主要な位置を占めるようになるだろうと考えています。最近、アラブ首長国連邦とカタールが「新興成長市場」に分類され、この地域は成長発展の恩恵を受けています。これにより、湾岸協力会議加盟国地域のFX取引ハブの形成に将来つながっていくと考えられます。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2014/12/15 08:00 金融市場 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dynamictradejp.blog.fc2.com/tb.php/126-61db7d68
Search form
Calendar
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。