DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
ここ過去数年間で、フランスFX市場は取引量が20%~30%上昇という大きな成長を遂げました。



フランスのFX市場は従来から活発でしたが、急速な拡大は新技術によりオンラインFX取引が可能になってからです。フランスではすべてのFX運用がFX取引業者か銀行により行われています。フランスのFX市場は、為替レートの設定を担当しているフランス銀行により規制されています。これらの為替レートは他の通貨の為替レートに依存しています。フランス銀行はFX市場に対して大きな影響力を持っており、フランス市場ほど中央銀行にFX市場が依存しているマーケットは他に類を見ないほどです。

フランス経済の背景とユーロ

フランス経済は、世界で5番目に大きく、購買力平価に関して言えば8番目に大きな経済となっています。フランス経済はヨーロッパにおいて第2位であり、EUの農業生産においては主導権を握っています。フランスで最も普及している農産物には家禽、豚肉、果実、ワイン、野菜です。フランスは資本主義経済をとりますが、政府の強い介在があります。ユーロ経済の一員でもあるフランスでは、グローバル購買力平価基準によりユーロの価格は控えめです。経済状況も、経済的多様性が低得点で、政府の透明性が高得点であるため、長期成長率も穏やかです。

著しく増加するフランスのFX取引

過去数年、フランスにおけるCFDやFX取引の20%~30%増加を示す報告が出ています。調査会社「Investment Trends」が発表したフランスのCFD・FX取引に関する報告書によると、2011年から2012年にかけてボラティリティ(変動性)が低下しているにもかかわらず、CFD・FX取引の著しい増加が指摘されています。低変動率下におけるFX取引増加の背景にある主要な原動力は、印紙税でした。予算上の問題を抱えていたフランスは、ヨーロッパ諸国で初めてすべての金融取引に0.2%の印紙税を課したのです。多くの投資家が印紙税を避け、株式を所有せずに取引ができるため印紙税のかからないFX取引へと流入したのです。

フランスFX市場はInvestment Trends社の調査対象となった他国に比べると、依然として相当小さくなっています。フランスのCFDトレーダーは19,500であるのに対し、ドイツは43,000、シンガポールは22,000です。また、活発に商うFXトレーダー数はフランスでは20,500であるのに対し、ドイツでは30,000、英国では74,000です。FX・CFDトレーダー数の人口比では、フランスが最下位でした。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2014/12/16 08:00 金融市場 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dynamictradejp.blog.fc2.com/tb.php/127-fa8b8701
Search form
Calendar
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。