DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
商品市場は製造された製品が売買される場所です。商品は、ソフトとハードの2種類に分けることができます。小麦、ココア、砂糖、コーヒーなどの農産物がソフト商品とみなされており、ハード商品は、石油、金、ゴムなどです。先物取引は、伝統的な商品投資手法です。

9719263.jpg

先物取引は商品現物を担保としており、商品市場には、派生商品や、オプション、先物、先渡、現物価格を介した物理的な取引が含まれます。農業従事者は、事業リスク管理の一環として単純な形の派生取引を行っています。

金融派生商品

金融派生商品は、商品現物から派生した金融商品の一種です。派生商品はFXと同様の店頭取引、あるいは上場取引市場で取り扱われます。先物取引、スワップ、取引所で取引される商品のような派生商品は、商品市場で取引される主要商品です。通貨取引とは異なり、商品取引は取引所で行われますが、取引自体は、オンラインFXと同様に取引プラットフォームを介して実行できます。

商品取引の歴史

商品取引や市場の原型は、紀元前4500年~4000年前のサマリアで始まりました。サマリア人は粘土でできた代用貨幣を土器に入れて使用し、粘土板に納品する商品の額(山羊など)を描いて表していました。このような日付と時間に関する取り決めは、先物取引と類似しています。古代文明は珍しい貝殻や豚などといった物を商品通貨として利用していました。この流れは続き、取引従事者たちは取引契約の標準化に向かって進んでいきました。古代ギリシャ・ローマ時代には、洗練された銀や金の商品市場が出現しています。商品市場は、労働、資本、土地、商品を割り当てる手段として10世紀ヨーロッパ全体に広がりました。英国における分業化、市街化、インフラの拡充が硬貨の使用を促進したことにより、商品市場はさらに11~13世紀の間に進展しました。

オンライン商品取引

ニューヨーク証券取引所などにおける伝統的な証券取引では、販売業者(ディーラー)と仲買人(ブローカー)が取引所で面と向かってやり取りすることで取引を行ってきました。金融情報交換プロトコルは1992年に導入され、これによりリアルタイムでの市場取引情報を国際的にやりとりすることが可能となりました。これらのインターフェイスは世界中の商品取引で採用されるようになりました。シカゴ・マーカンタイル取引所とシカゴ商品取引所(後に合併し世界最大の商品取引所となる)は2001年にリアルタイム取引インターフェイスを発足。2011年までには、ATSと呼ばれる電子取引システムである代替取引システムで、人間のディーラーの仲介を全く介しないコンピュータによる商品売買が行われるようになりました。高頻度取引アルゴリズムにより、人間が取引所で取引を行う必要性がほぼ無くなったといえます。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2014/01/01 08:00 金融市場 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dynamictradejp.blog.fc2.com/tb.php/141-4bb43802
Search form
Calendar
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。