DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
夜空の星


日本語だと、
GMT(Greenwich Mean Time)はグリニッジ標準時。
UTCは協定世界時です。
世界各国の時間をグローバルに示すとき、使われているのを目にすることが多いですよね。
時差はFXでは重要な要素です。

この二つには、はっきりとした違いがあるのですが、実際に暮らす上でも、FX取引でも、同じ時間を指していると思って間違いありません。
日本の時間ならGMT+9≒UTC+9。
UTC+9の一つに日本標準時(Japan Standard Time)があります。


GMTとは天体観測でわかるロンドンはグリニッジ天文台での平均太陽時のことです。
ちなみに平均太陽時とは「恒星の日周運動の観測に基づいて、視太陽時の平均値と合うように調整された仮想的な安定した時計が刻む時間を言う」んだそうです。
ロマンチックですね。

UTCとはSIという国際単位で定義されている一秒を使って決まっています。
ちなみにその一秒とは「セシウム133の原子の基底状態の2つの超微細準位の間の遷移に対応する放射の周期の9192631770倍に等しい時間」だそうです。
ロマンチックですよね。

空を見て算出するか、原子時計をつくって算出するか。
そこに大きな違いがあり、算出結果も変わりますが、ほとんど差がない、というのが実際です。


世界地図


ところで、協定世界時は英語だと“Coordinated Universal Time”です。
だったら“CUT”じゃないの?
っておもうところですが…

これは、フランス語では “Temps Universel Coordonné”で“TUC”となるし、イタリア語では “Tempo Coordinato Universale”で“TCU”となって、これでは世界って言ってるのにマズいから共通の略語に統一しましょうっていう、エスペラント語的な発想のようです。

でも結局ヨーロッパ語じゃないか、というところは置いておきましょう。
個人的には英語に偏りがちなのを嫌った、ヨーロッパ共通言語を司るフランス人の妥協案ではないかな、なんておもったりしますが、どうなんでしょう。


是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

今すぐ始めようFX-女の子 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2015/04/22 20:12 FX市場ってどんなとこ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dynamictradejp.blog.fc2.com/tb.php/158-5bbc6af6
Search form
Calendar
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。