DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
pips.png


FXでよく使われる「pips」という単位。
これはなんなのでしょう…

「pip(ピップ)」とは「為替レートが動くときの最小単位」です。
辞書で引くと、(リンゴ・ナシ・オレンジなどの)種となっていますが。

正確を期すとするなら、1pip以外は「pips」と表記し「ピップス」です。
しかし日本語には単位に複数形の感覚はないので、「100ピップ」という表現もありです。
日本では「kg(キログラム)」のとき、例えば「100キログラムズ」なんて言う人がいないのと同じです。

しかし、FXをやる場合には、この「為替レートが動くときの最小単位」という表現も、気をつけなくてはなりません。
通常の最小単位を超えて表示するところが増えているからです。
次に、主な通貨の、通常の最小単位を表示します。
(ユーロは常に左側にあるので省略しています)

pip_hyo.png


円は1/100、あとはみんな1/10000です。
逆に言うと、円は100pipsで1円、米ドルは10000pipsで1米ドルです。


では、100pipsの利益とは、何円になるのでしょうか?
これはどの通貨ペアで、どれだけの通貨単位で取引をしたかに依ります。


pips_formula.png


例えば米ドル/円で10000通貨の取引をしていた場合。


1.通貨ペアの右側は円です。
2.10000通貨で取引しました。
3.10000(通貨)×1/100(通貨ペア右側のレートが動くときの最小値)=100<円>(
1pip動いたときの金額)
4.100<円>(10000通貨単位の取引で1pip動いたときの金額)×100=10000円

この場合は、10000円、ということです。


例えばユーロ/米ドルで10000通貨の取引をしていた場合。
米ドル/円が123円とします。

1.通貨ペアの右側はドルです。
2.10000通貨で取引しました。
3.10000(通貨)×1/10000(通貨ペア右側のレートが動くときの最小値)=1<米ドル>(
1pip動いたときの金額)
4.1<米ドル>(10000通貨単位の取引で1pip動いたときの金額)×100×123(ドル/円の為替レート)=12300円

この場合は、12300円、ということです。


pips_formula2.png


ということです。


是非この機会にダイナミックトレードでFXトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

今すぐ始めようFX-女の子 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2015/07/21 00:56 FXトレーディング TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dynamictradejp.blog.fc2.com/tb.php/183-ef4a8008
Search form
Calendar
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。