DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
DTPAID.png

元ライブドア社長の堀江氏は、ビットコインについてメディアで説いてくれたりしていますね。
経済は文系の要素が強いですが、ビットコインというシステムは、非常に理系な感じです。
そして日本ではニーズもないから、ユーザーがまだまだとっつきづらい。
彼はこのような現状からまずは「投機」からだと考えているようです。
ビットコインニュース:「ビットコイン 普及への道筋」 ― 堀江貴文氏に仮想通貨の真価を聞く

前回の記事で、ビットコインはイメージとしては「Suica」や「Edy」のような電子マネーに近いところがあると書きました。
これはどういうことかというと、両者とも「決済システム」だということです。
「Suica」や「Edy」に日本円をチャージすると、等価交換でその金額が残高として記録され、コンビニで使えばコンビニにその残高が移行したと記録されます。
同じように、ビットコインも誰から誰に渡っているのかが延々と記録され続けています。

しかし決定的な違いは、管理する主体がないというところです。
「Suica」や「Edy」には経営者がいて、その現金との引き換えに経営者が手数料を取るビジネスとして成り立っています。
その経営者への信用と、何よりも国(円)への信用があって成り立っています。
ビットコインには「両替」の概念もあると書いたのはここにも重点があって、信用先(発行元)が変わるからということがあります。

BitcoinISI.png

では、信用はどこに向くのか?
それはビットコインを扱う人たち全てであり、ビットコインという仕組みです。
お互いに不正を行うことができないような仕組みが敷かれており、それら仕組み全てを指して「ビットコイン」というというのが、本当のところです。

ちなみにですが、このような事情から、ビットコインを通貨とするかどうかは学者間でも論争があるようです。
だいたい、ビットコインを発明したナカモトサトシの論文タイトルと序章にも書かれていることだそうで、発明者によれば「電子マネー決済システム」です。
なのでお金をビットコインに換えることを「外貨両替 (foreign exchange)」は無論、「両替」さえ、いえないことになりそうです。

SatoshiISI.png

今日はより身近に感じてもらえるかな、というところを少し。
ビットコインの数え方、小数点以下についてです。

ビットコインの単位はそのまま、ビットコインです。
いま1ビットコインはいくらか、なんて言うことができます。
小数点以下については、最小は0.00000001(1億分の1)ビットコイン。

1ビットコインは2015年10月21日現在約270ドル=約3万円なので、最小単位を円に換算すると約0.0003円。
この最小単位を、ビットコインの発明者のナカモトサトシから取って、1 Satoshiと呼びます。
つまり100,000,000Satoshiで1ビットコインです。


関連記事:ダイナミックトレードでBTC/USDのCFD取引開始! -ビットコインについて-

ただいま「はっけよい」キャンペーンを実施中!
楽しめるはずなんで、ぜひご参加下さい!!

是非この機会にダイナミックトレードでFXトレードを始めてみませんか?
今すぐ始めようFX-女の子 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dynamictradejp.blog.fc2.com/tb.php/203-2ea7036a
Search form
Calendar
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。