DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
1971年に先立ち、ブレトンウッズ協定により、通貨市場の投機が抑えられました。ブレトンウッズ協定は世界経済を安定化させ、為替の自由流出を防ぐ目的で、1945年に締結されました。この協定により、すべての通貨は米ドルと固定相場で変換され、金1オンス=35ドルと定められました。この協定前は1876年から金為替本立制が取られていました。金本位制では金が各通貨価格の基準となり、王様や権力者たちが任意に為替を低下させてインフレを引き起こすことを防ぐことが出来ました。アメリカの連邦準備制度のような機関がこの種の力を持っています。 しかしながら、金為替本位制にはそれ自身に問題がありました。 必然的に、海外からの輸入などにより、経済の正貨準備金の価格が下がります。 結果として、国の通貨供給量は利率の上昇により縮小し、不景気になるなど経済活動が遅延しました。 やがて、不景気により物価がかなり低下した為、他の国々にとっては魅力的に見えました。これにより、経済への金流入に結びつき、利率の落下及び経済の強化に結びつく通貨供給量の増加をもたらしました。こういった景気の波により金為替本位体制は、貿易流量ひいては金の移動が妨げられた第一次世界大戦の発生まで世界中で普及していました。
戦後、ブレトンウッズ協定が制定され、その参加国たちはドルに対して狭いマージンで為替レートを安定させることに努めるよう合意しました。ドル相場は金相場に関連して定められました。国々は、業界での地位を10%以上改善させる為、それぞれの通貨の切り下げを禁じられました。第二次世界大戦後の構築により急速に拡張した国際貿易は結果として、大規模な資本移動に繋がりました。これにより、ブレトンウッズ協定により設定された為替相場が不安定になりました。最終的に、協定は1971年に放棄され、米ドルは金に換金されなくなりました。 1973年までは、主要先進工業国の通貨は主として需給関係の力によってコントロールされ、より自由に流動していました。

1970年代の間、価格はボリューム、速度、および価格ボラティリティーに対応して設定されました。これにより新しい金融商品、市場規制緩和および開放貿易に結びつきました。さらに、それは投機家達の力の上昇に結びつきました。 1980年代には、境界をこえたお金の動きはコンピュータの出現で速まりました。そして、市場は連続体になりました。そして、アジア、欧米のそれぞれのタイムゾーンで取引できるようになりました。大手銀行は、数億ドル、ポンド、ユーロおよび円を分刻みでやり取りできるディーリングルームを作りました。
現在、電子通信ブローカーが外国為替市場で毎日取り引きしています。例えばロンドンでは、1回数千万ドルの取引が数秒で値をつけられます。 市場は商品を売買するのではなく、市場に投機することによって成り立つようになり、また、ほとんどのディーラーたちは金銭を持たずに利益を出すなど、国際金融取引は劇的に変化しました。 特にロンドンは世界でも主要な国際的財政センターになり、世界でもっとも大きな為替市場になりました。これは、イギリスの位置のみならず、アジア及びアメリカの市場の操作、さらにユーロドル市場の介入によって起こりました。ユーロドル市場は、1950年代に、米国政府当局による凍結を懸念したのロシアの石油収入(すべて米ドル)を、米国外に預けることで生まれました。これにより、米国がコントロールできない大量の米ドルが生まれることになりました。 これらの巨額な現金準備高は、はるかに緩い規制と高い利回りのために外人投資家にとって非常に魅力的でした。
download.jpg

今日、ロンドン市場はアメリカ、ヨーロッパの銀行が地方本部を設置するために都市に来ることによってますます成長しています。これらの市場は膨大です。小さい銀行、商業投資家、及び民間投資家達は信用基準を満たしていないか、または取引サイズが小さすぎる為、このような流動的なそして競争の激しい市場に直接アクセスすることはほとんどありませんでした。 しかしながら、今日では、マーケットメーカーにより、大銀行間の単位を分解し、小規模なトレーダーにこれらの小さい単位の任意の数(ロット)を購入または売却する機会を提供できるようになりました。
スポンサーサイト
2014/08/08 21:58 FXトレーディング TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dynamictradejp.blog.fc2.com/tb.php/22-776c1504
Search form
Calendar
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。