DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
日本の社会では「頑張れば何でも出来る」というような教育をし続けました。しかしFXマーケットではいくら頑張っても利益を伸ばせないという悩みか抱えているトレーダーが多いです。

「何もしない」こともFXトレーダーの仕事の一つです

特にネット環境やタブレットなどの普及とともに、わたしたちは常に「何かをしなければならない」というようになりました。常に最新情報取り入れ、常に最先端に経つように頑張っていますが、、、
 
しかし、FXトレーディングをするとき、何もしないことはすごく大事です。例えば、FX取引はバスケットボールのような競技よりも釣りに近いです。釣りをするとき、大半の時間は「待つ」ことにかけています。獲物が来たことでほんの一瞬だけで行動をとります。トレーディングも同じです。デイトレーダーは数時間パソコンの前でずっとトレードチャンスを待ち続け、やっとチャンスが来るときにボタンを一つ押すだけです。

トレーディングというのは肉体的なスキルは0%で、精神的なスキルは100%が必要です。ですので、自分の精神状態を常に観察する必要があります。「頑張ろう」というのは素晴らしいですが、マーケットでいくらこっちが頑張ってもトレードが来ないときもあります。そういったときはパソコンを閉めて一休みとったほうが良いです。
1377738468198.jpg

FXトレーディングで損切し続けるときはどうしますか?

どんなに優れたトレーディングシステムを持っていても負けが続くときがあります。ですので、スマートなトレーダーとして、連続的なロスが起きたとき一番いいのは「さらに頑張る」ではなく、一時的マーケットから身を外すことです。

「頑張ろう」というのは「何かをして今の状況を打開する」ことを指しています。しかし、負け続けるときはほとんどのトレーダーは冷静にいられなくなります。つます、周り(マーケット)のもの見えなくなります。トレーダーとして、冷静にいられない時はチャンスがあっても見逃す恐れがあります。もしくは、負けトレードがあってもカバーできない危険があります。
必死にリターンを伸ばそうとするより、冷静に目の前のことを観察した方がいいです。


スポンサーサイト
2014/08/14 08:30 FXへの姿勢 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dynamictradejp.blog.fc2.com/tb.php/28-7e73ec8b
Search form
Calendar
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。