DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
19日のグローバル市場は、リスク選好優勢の展開となった。欧米株市場は、好調な米住宅関連指標や欧州企業の好決算を受け、軒並み続伸。主要な新興国株式も同様の展開となった。堅調な株式動向を背景に投資家のリスク許容度が拡大したことで米金利は上昇。地政学リスクの後退もあり商品市場ではNY金先物12月限(COMEX)やNY原油先物9月限(WTI)が続落する展開に。そして外為市場では『米株高+金利反発』を背景にドル高圧力が強まり、ドル円は103円台を視野に入れる等、リスク選好ムードへ回帰する兆しを見せつつ、本日の東京時間を迎えている。
stockmarket460.jpg

昨日のマーケットで注目すべきは、ユーロドルと米独金利の動向だろう。シカゴIMMで12万枚以上のショートポジションが積みあがっているにもかかわらず、ユーロドルはこのレポートで事あるごとに重要テクニカルポイントと指摘してきた週足の一目/雲の下限を一時的にせよ下方ブレイクした。この背景には、米独の金利動向がある。堅調なグローバル株式市場、欧州企業の好決算そして地政学リスクの後退が米金利の上昇要因となった一方、それらの影響はユーロ圏債券市場まで波及することなく、独金利は前週に続き、再び1%を割り込む展開に。短期金融市場でも、ユーロ圏の無担保翌日物平均金利(EONIA)が前日、過去最低の0.006%を付けている。リスク選好ムードの高まりを背景に米債券市場ではセオリー通りの反応を見せているのとは対照的に、欧州市場では『株高+債券高』となっている理由はひとつしかないだろう。欧州中央銀行(ECB)によるさらなる緩和強化だ。この思惑は今後もユーロ売り圧力の軸となろう。

そして、今後はドル買い圧力も徐々に強まろう。昨日発表された7月の米住宅着工件数が年率換算で前月比15.7%増となり市場予想を大きく上回った。個人消費の動向に大きな影響を与える住宅市場で再び持ち直しの兆しが見えてきたことで、マーケットは今後も米ファンダメンタルズの改善を意識するだろう。その過程で、米欧のファンダメンタルズ格差とそれに伴う将来の米欧金利の格差拡大も意識されよう。ユーロドルは、さらなる下落を想定したい。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2014/08/20 17:00 世界のニュース TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dynamictradejp.blog.fc2.com/tb.php/37-a3e58a07
Search form
Calendar
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。