DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
為替レートはFX取引の重要な要素ですので、このレートを左右するものが何かを理解しておくことは重要です。

20111014210214aa8.jpg

インフレや金利といった要因に加え、為替レートは国の相対的経済健全性の最も重要な指標の一つとなります。為替レートはその国の貿易レベルにとって重要であり、世界の自由市場経済にとって欠かせないものです。このため為替レートは経済措置としては最も分析、操作、ウォッチが盛んなものとなっています。より小さな規模においても、FXトレードのポートフォリオに影響を及ぼす為替レートは重要です。このため投資家にとって何が為替レートを駆動するかを理解することが大切になります。

為替レートの概要

為替レートは自国における他国との貿易関係に影響を与えます。その国の通貨が強ければ、外国市場との関係において輸入高が下がり、輸出額が上がります。一方、通貨が弱くなれば輸入高が上がり輸出額が下がります。為替レートが高いと貿易収支は下がり、為替レートが低ければ貿易収支は上がります。

為替レートの決定因子

為替レートに影響を及ぼす要因はいくつかありますが、それは全て国家間の貿易関係に関連するものです。為替レートは相対的価値を示すものであり、2国家間の通貨比較を示すものであるということを念頭に置いておく必要があります。

インフレ―ション

一般的にインフレ率が常に低い国家では通貨価値が増加するため他国に比べて購買力が高くなります。20世紀後半では、インフレ率が低い国家にはスイス、ドイツ、日本といった国が挙げられ、カナダ、アメリカのインフレ率が低くなったのはさらに後のことでした。一般的に、インフレ率が高い国家の通貨は貿易相手国の通貨に比べて安くなる傾向にあります。また、高インフレ率は高利子率に関連していることが多くなっています。

金利

為替レート、金利、インフレーションは互いに密接な関わりを持っています。中央銀行は金利調整を行うことによって為替レートやインフレ率を操作しようとします。このため、金利調整によって通貨価値やインフレ率が変化します。経済界において高金利であることは債権者の利回りが他国と比べて高くなることを意味します。すなわち、高金利は外国資本の引き寄せにつながります。一般的に、為替レートの価値はこれにより上がっていきます。高金利による効果は、その国のインフレ率が他国よりも高かったり、通貨価値を下げる他の要因がある場合には、最小限に抑えられます。金利が下がれば逆の現象が起こります。金利が低ければ為替レートの低下につながるのです。

是非この機会に口座開設を!

 ←ココから口座開設をどうぞ

スポンサーサイト
2014/09/05 08:30 FXトレーディング TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dynamictradejp.blog.fc2.com/tb.php/60-df85d062
Search form
Calendar
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。