DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
FXのスポットとフォワード取引(直物・先物)を組み合わせることで通貨の内在的リスクを緩和しつつ市場の振れを収益チャンスにつなげることができます。

1972年以降、米国では一般投資家による通貨差益取引が可能になりました。当時、世界では、ドルを基軸通貨とした固定相場制から変動相場制への移行が進んでいました。これにより、通貨取引(すなわち外為取引、FX)が米国投資家に導入されますが、当時は、シカゴ・マーカンタイル取引所の先物という形で行われていました。米国では、毎日の取引高が3兆ドルにものぼる世界最大規模のマーケット、FX市場に参加できるようになったのです。この規模は株式市場の4倍以上にも及びます。それぞれのトレーダーが関わることができるのは、グローバルオンラインFX取引の収益規模からすると本当にわずかな一部分にしかすぎません。

2000年に、米国では法改正により、一般投資家が少額の投資でも大きなレバレッジで市場参加できるようにFXのスポット取引を解放しましたが、これは一方で、短い取引期間でわずかな価格変動があっただけで、多額の投資が一瞬にして消えてしまうことを意味しています。長期トレンドで通貨価値をある程度の確度で予測することは一般的に可能である一方、これを1時間足らずの時間枠で行おうとするのは投資というより博打(ギャンブル)です。しかしながら、内在的リスクはスポット、フォワード、オプションといった通貨取引を組み合わせることによって改善できます。

個人の一般投資家も参加できるFX取引

logo.jpg

先物為替市場は、もともと、多国籍企業や銀行が自由な通貨変動相場によって自分たちの通貨資産価値が脅かされることを回避するリスクヘッジとして導入されたものである、ということは、忘れられがちですが、これらの企業や機関はユーロなどの通貨を買い、先物為替でショートしたり、オプション市場でヘッジとしてプットオプションを買ったりすることで、通貨価値の下落をリスクヘッジしているのです。これにより、利益を出すまでの間、購入した通貨を保持できるのです。

一般投資家は、このFX戦略を、当然ながらより小さい規模で利用することができます。リテールFXトレーダーの多くはこれを利用しませんが、取引実行は実は簡単なのです。リスク回避といえば、ストップ注文くらいで、通貨変動の過剰リスクには目を向けず、とにかくすぐ目先の利益ばかりに注力しているトレーダーが多くいます。

賢いFXトレーダーであれば、スポットとフォワード(直物・先物)を組み合わせたり、スポットとオプションを組み合わせたりすることを学んでいます。価格の短期変動からも収益を得つつ、長期の動きに乗って、スポットのみの取引だけであれば発生しうる損失をカバーしているのです。


是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2014/10/18 08:00 投資・資産運用 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dynamictradejp.blog.fc2.com/tb.php/77-b20f26d1
Search form
Calendar
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。