DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
自国経済が通貨価値の低下の兆候を示している時には、中央銀行が介入して自行の外貨準備に手を付けることにより変動を安定させようとします。

通貨の切り下げに引き続き経済の不安定化が主な原因となり通貨危機を引き起こすと考えられています。通貨危機の可能性がある場合、その国の中央銀行は自行の外貨準備金を借入することによって為替レートを現状に保とうとします。為替レートを変動させる代わりにこの手段を取るのです。

標準的な対応

通貨の切り下げを行う過程で発生するプレッシャーは金利上昇によって修正されます。中央銀行としては貨幣供給を最小限に抑えると、需要が増えて通貨価値があがります。銀行が資本流出の流れを作るために外貨準備を売却することにより、自国通貨を取り戻し、それが資産であるかのように貨幣流通から切り離します。しかし、こういった手段では、恒久的に為替レートの補強を維持していくことはできません。海外製品と相対した自国製品価格の低下、失業率などの政治経済的な変数の後退がこれに続きます。通貨引き下げにより金利が上昇しますが、外貨準備を介する貨幣供給の上昇により相殺され、外貨準備も急速に先細りとなります。通貨の切り下げにより準備金に組み戻される可能性もあります。引き続く金利上昇により通貨への圧力が緩和されます。外貨準備金は自国通貨と引き換えに放出され、自国資本を形成します。

通貨危機による破綻

bc3665886511296ff8a39e5fb7ab4b64a4185d551381025198.jpg


経済が不安定になっているという情報を得た投資家は、資金全てを国外に移そうとします。自国通貨投資の外国通貨投資への売りが進めば資本逃避によって為替レートがさらに悪化します。これにより資本支出を維持することは不可能でないにしろ非常に難しくなります。この数十年間、各国で通貨危機をもたらす要因となったものとしては、政治不安や財政赤字(多額の債務)、急速に上昇した通貨価値などが一般的です。

通貨危機の一例としては、1994年に、それ以前10年間にわたり経済が改善されていたにもかかわらずメキシコ通貨ペソが切り下げられたことがあります。メキシコのインフレ率を安定化させる目的で行われた経済改革の推進力は、経済の弱まりと、それに引き続く1994年の大統領候補の暗殺によって破たんしました。ペソは外貨準備金にしておよそ280億ドルの着手で安定すると期待されていました。中央銀行は短期ペソ建て国債からドル連動の短期国債へと急激にシフトさせました。これは結果的に、外貨準備金の減少と債務の拡大をもたらしました。


是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
スポンサーサイト
2014/10/29 08:00 通貨 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dynamictradejp.blog.fc2.com/tb.php/86-898ec8bb
Search form
Calendar
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。