DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
大小に関わらず、投資家は弱気市場で自分の投資を護るため、または短期的な金融ソリューションとしてマネーマーケット(短期金融市場)を利用しています。

graph1.jpg

流動性が高い金融商品や短期の証券取引はマネーマーケット(短期金融市場)と呼ばれ、最長1年の資金調達や借入に利用されています。マネーマーケットにおける有価証券とは、CD(定期預金証書)、国債や短期証券、政府系手形、コマーシャル・ペーパー、現先取引など様々です。

マネーマーケットは、コマーシャル・ペーパーを売却する企業やCDを購入する投資家など、資金を安全に貯蓄する方法として一般の事業法人が自由に参加できるオープン市場の側面があります。マネーマーケットは安全と考えられていますが、どんなマーケットにもリスクは伴います。投資家はそういったリスクを認識しておく必要があります。

低迷市場でも安全と考えられているマネーマーケット

有価証券が下落し全体的な市場の冷え込み感が市場認識として広がると、これが弱気市場とよばれ損失発生が予測されます。売りが続けば、悲観的な見方が広がります。マーケットインデックスが2か月間以上にわたり20%以上下降すると、弱気市場になったとされます。

こうなると投資家は株式市場に警戒感を抱きますが、逆に強気市場では景気楽観が高まり収益が増えるわけなので、これはリスクとリターンがトレードオフの関係にあることを意味します。投資家にどれだけ市場に入っていくかもリスク・リターンのトレードオフ関係にあります。すなわち、収益を増やすために投資家はより強気で攻めるのです。

マネーマーケットは確定利付市場にも結びつきがありますが、その取引の態様は確定利付債の一種である債券とは異なっています。長期向けの債券とは異なり、マネーマーケットの負債は1年も満たずに満期になります。非常に短期間で満期になるため、マネーマーケットへの投資は現金投資として知られています。

マネーマーケットにおける証券

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ

スポンサーサイト
2014/11/12 08:00 金融市場 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dynamictradejp.blog.fc2.com/tb.php/98-bdf330ed
Search form
Calendar
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。