DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
世界で最大かつ最も流動性の高い金融市場であるFX市場におけるトレードには様々なメリットがあります。

o0200025813167652594.jpg


FX市場は、世界で最大かつ最も流動性の高い金融取引市場を形成しており、1日の通貨取引活動は4兆ドル超にも及びます。FX市場はボラティリティ(変動性)が高いため、為替レートを利用し収益を得ることが可能になります。ボラティリティが高いということはすなわちリスクも高いということにつながりますが、利益創出には重要です。以下に、FX取引のメリットが記載されています。

流動性と取引時間


• 流動性が高いと、市場が活発に動きます。

• オンラインFXは週5日、24時間取引されており、
複数のタイムゾーンで取引されている市場の中で最も流動性レベルが高い商品です。

低い取引コスト

• FX会社の多くは、取引コストとして買い呼び値と売り呼び値の差であるスプレッドを利用しています。

• FXのスプレッドは株などその他の証券と比較しても一般的に狭いため、コスト効果の高い投資手法と言えます。

• FX会社の大半は低い手数料または手数料無しを採用しています。

• FX会社がチャージするその他の取引手数料も比較的低めか存在しないことが多いので、収益の大部分が手元に残ります。

マージン(証拠金)のメリット


• 多くのFX会社はマージン(証拠金)ベースの口座を持っています。

• 証拠金口座は信用取引口座とは異なります。
証拠金口座の場合、口座を開設してから自身の口座に取引目的で資金を入れるからです。

• アカウントに資金が入金されており、口座に充分な証拠金がある限りトレードを開始することができます。

• レバレッジによって手持ちの資金より多額のポジションを持つことができるため、リターンもそれだけ大きくなります。

市場動向は問題ではない

• 「ショート」とは購入をまだ行っていない通貨ペアを空売りすることです。

• FX市場の構造はショートセルにエントリーしやすくなっています。

• ショートセルから利益を得るには、通貨の売り値よりも低い価格で再購入する必要があります。
この二つの価格の差によって損失または収益額が決定します。

• ショートセルを使えるため、通貨市場の価格動向の方向に関係なく利益を上げることが可能なのです。

• 価格が上向きになったら通貨ペアを購入して買値よりも高い値段で売って利ざやを稼ぎます。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ





2014/12/04 08:00 FXトレーディング TB(0) CM(0)
他の投資と同様に通貨取引でもリスクはありますが、FX取引での失敗を避けるためのヒントを以下に記載します。

o0450030013127293407.jpg


FX市場の日次取引高は、4兆米ドル超にも及び、外為市場は世界で最大のマーケットといえます。FXトレードへの人気は急激に高まっており、初心者から熟練したプロまで様々なスキルレベルのトレーダーが集まってきています。通貨取引はいたってシンプルでいつでも低コストで行える一方、損を出すのも簡単です。通貨取引で損失を回避するためにできることがいくつかあります。

トレードのまえに学習

通貨取引は比較的シンプルであるものの、実際のトレードを行う前にできるだけ学習をすませておく必要があります。FXのトレード方法を知ることは成功するために非常に重要で、実際の取引を行うなかで学んでいくにしても、まずは本番の前に通貨取引の確固たる知識を持ち正しく理解する必要があります。通貨取引は常に学習を継続することであり、市場条件の様々な変化や世界時事、規制に適応する方法を学ぶ必要があります。

チャートを整理しておく

通貨取引口座を開設したならば提供されている全ての分析ツールを使ってみたくなるでしょう。しかし、通貨取引で有効に使える指標もありますが、分析手法はできるだけ簡潔にして効果的にトレードできるようにすることも念頭においておきましょう。例えば、同じようなタイプの指標を複数使用することは冗長でありうるばかりか、異なるシグナルを出して混乱のもとになる可能性もあります。それは避けることが大事です。取引パフォーマンスを向上させるため、普段使わない分析は削除するといいでしょう。更に、チャートの色、棒タイプ、フォントは自分が読みやすく、解釈しやすいように設定しましょう。

自分の口座ルールを設定する

通貨取引におけるトレーダーの究極の目標は収益を得ることですが、それと同様にFX取引で重要なファクターは損を回避することです。成功をつかむには取引戦略の一環として常に有効な資産管理手法を使いたいものです。経験豊富なトレーダーの多くは取引を決済するタイミングを見極めることができれば、どの価格から始めても勝つことができると言います。これは、いつロスカットをして仕切り直すかをきちんと理解するということにもつながります。損失が大きく拡大しないように常にストップロスを設定しておきます。日次ロスリミットも設定して口座を護りましょう。トレールストップなどの資金管理手法も損を回避しつつ、しっかり収益を上げる方法の一つです。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ

2014/12/01 08:26 FXトレーディング TB(0) CM(0)
FXトレンドを正しく追うことができれば収益チャンスはいくつもあります。

o0640043013127293422.jpg


FXトレードには様々なスキルレベルや経験値を持つトレーダーが参加しています。近年、FXトレードの人気が高まっているため、それだけ多くのトレーダーがFXトレンドを利用しようとチャンスを狙っています。FXトレードにおけるトレンドの追う手法がいくつかあります。

• 押し目買いと戻り売り

• 新安値・高値へのブレイクアウト

• 通貨バスケットによる分散


押し目買いと戻り売り

FXトレンド戦略で一般的なのは押し目買いと戻り売りです。この手の戦略はFXに限らずどんな取引でも利用されていますが、一般的に初心者がまず押さえる戦略です。しかし、熟練したトレーダーでも押し目買いや戻り売りをすることがありますが、この場合強いトレンドやシグナルをピックアップします。通貨ペアが売られ過ぎの相場を判断して安値で買えるよう、オシレーター系指標も多くのトレーダーに利用されています。オシレーター系のシグナルは一般的に読みやすくなっており、すべてのトレーダーが利用できます。

ブレイクアウト戦略

ブレイクアウトFX戦略は押し目買い・戻り売りとは逆の手法です。この戦略では、値上がりを待ってから高値で買い建てます。直観と相容れないように感じますが、この戦略は、マーケットは現在の状況とは異なる動きをすることがあるというのを根拠にしています。ブレイクアウトトレードはマーケットの不合理な動きを利用します。この戦略では出来高が伴っているかどうかにも基づいて判断します。価格が買値を上抜いたら戦略がうまくいったことが確認できます。これが確認できないときはトレードを決済してロスカットします。

通貨バスケット


ある通貨のトレンドに基づいて取引される複数の通貨ペアのことを通貨バスケットと呼びます。例えば、米ドル価値が上昇すると見込んだ場合で米ドルバスケットを買いたい時に、通貨バスケット取引を行います。

• 英ポンド/米ドル売り

• ユーロ/米ドル売り

• 米ドル/日本円買い

• 豪ドル/米ドル売り


バスケットトレードのメリットは為替レートが通貨ペアに基づいてクォートされる一方、トレードにそぐわないものを売却するため分散化が可能となる点です。例えば、米ドル高基調で米ドル/日本円を取引するとします。日本円が米ドルより強くなる場合には、米ドルが強くなることに関しては正しくても、米ドルがペアを組んでいる通貨(日本円)が米ドルに対して価値を増しているためトレードとしては間違っていることになります。こういったことから、バスケット手法はよく計画を練ればFXトレードのストレスを軽減する手法といえます。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/11/27 08:00 FXトレーディング TB(0) CM(0)
金融市場のセンチメントを測る場合に、分析で見落とされている可能性のあるキーポイントについて記載します。

相場観を測るためには考慮すべきファクターがいくつかあります。金融市場は政治的変化や経済的支出など予想外の好材料や悪材料によって一瞬にして変わることもあります。投資家のセンチメントで市場が大きく動く傾向があり、センチメントも通貨市場を動かす変数といえます。相場観に対する考慮を敬遠する投資家もいます。数百万にもおよぶ投資家の考えを推し量ろうとするのは実利的ではないかもしれません。

堅実なトレーダーへの鍵はオープン・インタレスト(未決済建玉)

yokohamaminatokan.jpg

オープン・インタレスト分析というアプローチがあります。オープン・インタレスト(未決済建玉)は先物取引に関連する概念で、ある証券に関してどれだけの取引がオープン(未決済)かを示します。オープン・インタレスト(未決済建玉)は先物取引に関連する概念で、ある証券に関してどれだけの取引がオープン(未決済)かを示します。

トレーダーが、買値や売値、取引額やその他のボラティリティに狙いを定めて行くに従い、未決済の取引数が少なくなることがあります。取引には買い手と売り手の両方が存在しなければ成り立ちませんが、未決済建玉はトレーダーにとって取引の役に立つ概念なのです。未決済建玉というポジションはある一定の取引日における取引数の増減を示唆しており、未決済建玉数や価格が上昇すると、トレンドは「上昇」に分類されます。同様に減少するとトレンドは「下降」であると分類されます。もし未決済建玉数が横ばい、または下降しているときに価格の上昇、または下降がある場合は、トレンドが反転する可能性があります。

未決済建玉についてのヒント

オープン・インタレストのルールは先物のトレーダーにとっては押さえておきたいものです。ルールについては広く公開されています。オープン・インタレストは市場の運動量に注目します。

• 未決済建玉がこの5年間の上昇分よりも速い速度で価格と共に上昇している場合、市場が弱気市場に移行している可能性があります。

• 横ばいだった未決済建玉が価格に達し、未決済建玉が上昇トレンドを追う状況は危険を示唆している可能性があります。

• 未決済建玉が高い一方で価格が急落する時は、弱気市場の兆候です。後に坂を転げ落ちるように下落する可能性があります。

• 強気市場では、投資家は未決済建玉が著しく高くなることを嫌います。未決済建玉が上向きから下向きへと反転するにつれ、弱気トレンドが始まります。

• 未決済建玉は投資家にとって有効な情報源です。例えば、コンソリデーションがあり未決済建玉が上昇すると、投資家は元のポジションを断念しなくてはならなくなります。未決済建玉の追跡は指標やフォーキャストの読み方を学ぶのに役立ちます。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/11/11 08:00 FXトレーディング TB(0) CM(0)
ストップロスを使いたがらないトレーダーは多くいますが、ストップロスは非常に重要ですので、これを受け入れる方法を習得する必要があります。



FXマーケットに近すぎる値でストップロス注文をかけることはFXトレーダーにとってフラストレーションがたまるものです。ストップロスでは、利食いでも、損切りでも、FX取引でストップロスが実行された後に予想通りの方向に市場が動き続けているとフラストレーションを感じてしまうものです。もっと稼げたか収益になり得た損か、どちらかに該当するわけです。ストップロスをかけずに取引するというのは解決にはなりません。自身の取引アプローチに基づき、できる限り収益を最大化し、損を最小限に抑えるよう、より効果的にストップロスを利用できるようにする、というのがポイントです。

ストップロスは最適最善ではないことを受け入れる

ストップロスを必ず確実に使用するための一番の方法は、ストップロスが最適には成り得ないという事実、そしてストップロスを使わないということは莫大な損失がないように保護してくれるものが大きく損うことだ、ということを受け入れることです。ストップロスの目的はオープントレードをクローズするためだけのものではなく、全知全能のトレーダーは皆無であるという前提で、よく練られた取引戦略の一部として機能させるということにあります。トレードで必ず勝てるかどうかを確実に知る方法なんて無いということを認めれば、ストップロスの結果を受け入れやすくなります。

ストップロスを収益管理ツールと位置づける

ストップロスをリスク管理ツールと考える代わりに、収益管理ツールであると考えるという手もあります。一般的に、マーケットの注文の流れを識別できるような堅実な取引戦略があれば、その流れが自分サイドのものであればトレードは収益を出します。はじめのうちは、リスク管理をストップロスで担保するなど無意味だ、はじめから無くたっていいのでは、と考えるかも知れませんが、守りの戦略がきちんとあり、ストップロスによるリスク管理が不要であるならば、これは収益管理ツールとなるわけです。

ストップロスは次に長い時間枠を基準とする

ストップロスをどこに設定するかの決定方法として、自分にとって望ましい時間枠と比べて次に長い時間足を使ってみましょう。ストップロスをより長い時間足で設定することで市場の自然な振れをやり過ごすことができるため、より効果的なストップロスになります。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/11/08 00:25 FXトレーディング TB(0) CM(0)
Search form
Calendar
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。