DynamicTrade公式サポートブログ
Profile

DynamicTrade.jp

Author: DynamicTrade.jp
Welcome to DynamicTrade!
ユニークでオンリーワン。
空前絶後のトレードがここにある。
ダイトレの公式ブログ!!

Promotions
 
ダイトレカウンター
にほんブログ村に参加!!
こちらをクリックすると「にほんブログ村」の為替ランキングへ飛びます。 別日ごとクリックをしてもらうことでダイトレ公式ブログの順位が上がります。 ご協力を頂ければ幸甚です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
リターンを最大化しつつリスクを抑えるためには、オンライン取引ポートフォリオの多角化・最適化が重要です。



投資家はみな、可能な限り最高のオンライン取引ポートフォリオを作りたいと思っていますし、投資家の多くは長い時間をかけてオンラインFX取引や他に取り組む可能性のある投資機会を調査します。FXであろうと、他のタイプの投資であろうと、投資には常にリスクが伴います。しかし、ポートフォリオによっては、リスクを高めている可能性がある場合もあるのです。リターンの最大化やリスク低減を支援するようなオンライン取引ポートフォリオに最適化するためのステップがいくつかあります。

高い手数料の支払いを避ける

多くのトレーダーが自分の取引実績に満足できない理由の一つは、手数料です。手数料のパーセントがわずか違うだけでも長期的には大きな差となります。通貨取引や投資をする場合には、支払う手数料を常に意識しておきましょう。低コストの取引機会は他にも多くありますから、手数料で利益を食われてしまうのはもったいないですね。

過剰取引

過剰取引というものがありますが、これを行うと自分のオンライン取引ポートフォリオに弊害をもたらすことがあります。毎日欠かさずきちんと取引を行えるトレーダーもいるかも知れませんが、時間的制約などがあって叶わないという投資家の方が多いのではないでしょうか。取引が頻繁になることで間違ったタイミングで売りにでてしまうこともあり得ますし、手数料も追加で負担することになります。取引手数料やコミッションを埋め合わせるだけのリターンを着実に重ねていくのは難しいかもしれません。

自信過剰

投資家として自己能力に自信を持ち過ぎるのは諸刃の剣です。正しい決定を下せるという自信は必要ですが、その自信が慢心につながってはいけません。適切な知識や調査なく意思決定をくだすことは、リスク拡大につながることを念頭に置いてください。大きなリスクがある場合に思い通りに展開していかなかった場合、損失が自分が賄える範囲を超えてしまうこともあり得ます。一方で、リスクに対して完全にアンチになってしまわないようにしましょう。リスクレベルを自身の状況にあったサイズに調整することが必要です。分析に集中し、情報に基づいた決定を冷静に行えるようにしましょう。

理解していない商品には絶対投資しない

投資に関わる前に、基礎知識をしっかり押さえておきましょう。充分に理解せぬまま投資してしまうと結果的に大きな損失をだすことになってしまいかねません。特定の企業が産業の中でどのような位置にいるのかを知らなければ、株を購入するべきかどうかを判断するのは難しいでしょう。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/12/14 08:00 投資・資産運用 TB(0) CM(0)
ヘッジファンドは投資リスク削減を達成するために組まれる投資のパートナーシップです。ヘッジファンドは通常、外貨運用を利用して、この目的を達成しようとします。



ヘッジファンドは資本運用のために組まれる投資のパートナーシップです。ジェネラルパートナーといわれるファンドマネージャとヘッジファンドに金融的に貢献する投資家が組むパートナーシップで、リミテッドパートナーと呼ばれています。リミテッドパートナーはジェネラルパートナーが管理するファンドに対し、特定の戦略に基づいて貢献していきます。ヘッジファンドの目的はリスクを抑えつつリターンを最大化することで、FXはヘッジファンドの一部であることが多いです。

ヘッジファンドの特徴

ヘッジファンドには次のような特徴があります。

• 要件を満たした投資家のみ利用可能:
ヘッジファンドを扱える投資家は投資に先駆け、一定の純資産要件を満たしていなくてはなりません。
純資産は一般的に主要な居住地の価値を除いて100万ドルを超えます。

• 投資の自由度が高い:
ヘッジファンド投資は委託権限の範囲内という制限以外は自由に運用できます。オンラインFX、株式、不動産など、ほとんど何にでも投資できるのです。

• レバレッジの利用:
FX取引と同様に、ヘッジファンドはリターンを増やすために借入資金も取り込みます。

• 手数料の体制:
ヘッジファンドでは単に経費率を適用するのではなく、パフォーマンス料も上乗せしてチャージされます。
この手数料の体制は「ツー・アンド・トウェンティ」と呼ばれ、上がった収益の20%カットと2%の管理手数料からなります。

ヘッジファンドの戦略

現在運用されているヘッジファンドは数千にも上り、トータルで1兆ドル以上に及びます。ヘッジファンドにはいくつかの異なる戦略(ストラテジー)があり、相対バリュー、エクイティヘッジ、マクロ、アクティビズム、ディストレスト証券投資戦略などがその一例です。マクロヘッジファンドでは債券、株式、通貨取引を取り入れています。マクロヘッジファンドが目的とするのは、一定国の経済政策や世界の金利など、マクロ経済の変化から収益を得ることです。エクイティヘッジファンド戦略は、特定国・グローバル双方に該当します。この戦略では、利ざやの大きい株への投資に注力しつつ、割高な株価指数(インデックス)や株式をショートにします。

相対バリュー戦略では、価格やスプレッドの一時的な歪みを利用します。そのほかにも、インカム、アグレッシブグロース、ショートセル、バリュー、新興市場などの戦略があります。その他の人気のあるヘッジファンド戦略に「ファンドオブファンズ」があります。この戦略は複数のヘッジファンドに分散し高い運用力を持った投資手段に任せるという特徴があります。多様な資産クラスと戦略を混合するのは、個別のヘッジファンドで運用するよりも長期的な投資リターンを安定させるためです。複数のファンドと戦略を使うことによってボラティリティ―、リスクリターンを制御できます。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/12/12 08:00 投資・資産運用 TB(0) CM(0)
CFD(差金決済取引)は売り手が買い手に、過去と現在の資産価値の差を支払うという売り手と買い手の契約です。


金融界では、CFD(差金決済取引)は、「売り手」「買い手」と呼ばれる2者間の合意です。このオンライン取引契約では、現在の資産価値と、契約をした時点での資産価値の差から算出した支払を買い手が売り手から受け取ります。その価格の違いがマイナス(下降)であれば、売り手が買い手から支払を受け取ります。FXのようにトレーダーが価格変動によって利益を出す金融派生商品であるというのが、CFDの本質です。外国為替市場やその他の金融市場への投機としてCFDが頻繁に用いられます。例えば、CFDはFX取引にも使用されており、投資家が通貨を所有せずに価格の動きに対して投機するFXデリバティブ契約がCFDと言えます。

CFD取引

CFDはプロバイダーと個人トレーダー間で取引されます。それぞれのプロバイダはそれぞれ独自の条件を設定しており、標準的な契約条件というものはありません。しかしながら、ほとんどのCFDプロバイダーの契約条件は似通っています。特定の商品に関する取引を開始することによってその商品に対するポジションが作られ、CFDが開始されます。期限はありません。ポジションを決済したときに、終値と始値の差額に対応する支払いが行われます。利益でも損失でも同様です。CFDでは取引手数料、大口取引のスプレッド、口座管理、オーバーナイト取引などの各種手数料がチャージされます。

CFD自体は無期限ですが、ポジションはオーバーナイト物でロールオーバーします。これはいずれの損益も認識されトレーダーに充当されます。CFDはマージン(証拠金)付で取引され、トレーダーは定められた最低限のマージン額を常に維持していなくてはいけません。各種CFD取引に共通する特徴は、損失やマージンの要件が常にリアルタイムで計上され、トレーダーが参照できる点にあります。トレーダーの口座資産額が最低マージンレベル以下に減ると、マージンコールが行われる場合があります。

CFD 対 FX

FX取引は、金融市場では比較的伝統的なタイプの取引で、ブローカーが必要となります。一般的にブローカーはなんらかのサービス料を課金します。オンラインブローカーの出現以来、FX取引は手軽な費用でより簡単に行えるようになりました。CFDも同様ですが、一番の違いはCFDはオープンポジションに対して日ごと手数料がかかるため、長期的にはもっと高額になる傾向があるということです。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ

2014/12/09 08:00 投資・資産運用 TB(0) CM(0)
キャリートレードはFX市場に広く普及し、特に2000年に入ってから人気を醸しています。


キャリートレードとは「金利の低い通貨で調達(借り入れ)した資金を高金利で運用して金利差収入等を稼ぐ取引(運用手法)」のことをいいます。例えば、200万円を利子率3%で借入したとしましょう。この200万円を使って年利6%の商品に投資したとします。年度末には借入時と運用益の差である金利差6万円相当の利益がキャリートレードで発生したことになります。

通貨市場におけるキャリートレード

2000年からキャリートレードはFXトレード、特に日本円と関連付けられるようになりました。FXの円キャリートレードとは「金利の低い通貨で調達(借り入れ)した資金を他の高金利資産で運用して金利差収入等を稼ぐ取引(運用手法)」のことをいいます。FXキャリートレードにおいて日本円が人気だったのは日本の金利が非常に低かったためです。2007年には、およそ1兆米ドルが円キャリートレードに投資されたと言われています。

危険資産に基づくキャリートレードは世界で危険資産への需要が高まっており、金利が低い場合にうまくいきます。2003年時点では2007年夏まで、数か国の金利が十数におよぶ低迷の最中であったたため、このどちらの要因も揃っていました。この時期、新興市場やコモディティといった危険資産への需要も高まりました。

キャリートレードが働く仕組み

前述のように2003年から2007年に多くの投機家や投資家が円を借り入れました。その後円が売られ他の資産へと投資されました。投資先にはユーロ、コモディティ、新興市場などの高利回り資産の他、米サブプライム不動産さえも利用されました。こういったトレードを最大限に利用するため、ヘッジファンドのような大規模投資家は利回りをよくするために大幅なレバレッジを使用しました。しかしレバレッジはトレードが悪転すれば損失の拡大につながるため危険性をはらんでいます。キャリートレードの人気が高まるにつれ、円のような借入された通貨が目減りし、危険資産の価格が需要の増加により上昇するという循環が発生しました。

キャリートレードの通貨リスクはほとんどヘッジできないということに留意することが重要です。これはすなわち、円が目減りしており、かつコモディティ・抵当ポートフォリオが二桁の高利回りでなければ、キャリートレードがうまく機能しないことを意味しています。2006年にピークに達した後、何年にもわたり下降を続けたアメリカでの住宅市場の減速などの兆候はほとんど注目されることはありませんでした。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/11/26 08:00 投資・資産運用 TB(0) CM(0)
通貨連動型上場投資信託(通貨ETF)には、短期・長期トレンドにのることができる、最低投資額制約が無いなどいくつかの利点があります。
20110224111706.jpg


一般投資家やセミプロ投資家こそが、かつてはエリート投資家にのみ開かれていた世界で最大の流動マーケットの参加当事者です。マーケットは既に、ホームオフィスやPCへと広がっています。一晩中不眠でコンピュータ画面にかじりつき、トレードの虜となっている、というステレオタイプはもはやトレードには当てはまりません。日中の取引時間をスマートに利用し、その他の時間は家族や友人と過ごすのが典型的なFXトレーダーの姿です。

投資家が利用できる代替投資方法

外為市場は非常にフレキシブルであり、多くの人がFX取引口座を開設したりトレーディングプラットフォームのセミナーに参加することなく通貨を売買しています。通貨は要件を満たした個人の年金口座おいてすら売買されています。

FX口座を持たない投資家は通貨連動型ETFで取引することもあります。これはクローズドエンド型のトレードです。非管理型で、結果もあらかじめ定められています。通貨連動型ETFはスプレッドが厳しいのですが、透明性が高いほか、売買しやすく、従来の債券や株式ポートフォリオとは趣向が変わりポートフォリオに多様性をもたらします。

非FX派の投資家は株式銘柄数株をニューヨーク証券取引所で購入するのと同じように外国通貨を購入します。証券取引口座とETFの知識だけで始められます。

通貨連動型上場投資信託

ETFの多くは投資信託であり、実際に通貨を保有して投資家が信託するというものです。通貨連動型ETFはドル建てで基本となる通貨に連動します。例えば、円でETFを購入したとします。もし価格が米ドルに対して10%上昇すれば、円ETFの価値は10%上昇します。

通貨連動型ETFはその流動性やニューヨーク、トロント、ロンドン、フランクフルトと、異なる証券取引所で取引できることから投資家に人気があります。全通貨が全ての取引所で利用できるわけではありません。ETFを試す前に十分に調査をしましょう。

通貨連動型ETFは柔軟性が高いため、複数の投資戦略で利用できるでしょう。数週間から数年にわたる短期または長期のトレンドにのるためにETFを利用します。通貨連動型ETFでは、最低投資額の制限なしに証券口座から売買するオプションもあります。証拠金はレバレッジを拡大するのに利用し、基本となる通貨がどう動いているかを追跡し、通貨連動型ETFを必要なだけ保有します。

フルサービスのオンラインブローカーまたは該当する年金口座を介するのが最も簡単なETFの購入方法ですが、ETFは年金口座本体では未対応であることがあります。ETF目録に目を通せば、所得税の対象や手数料、配当についての詳細が確認できます。

是非この機会にダイナミックトレードでシステムトレードを始めてみませんか?
初回入金ボーナス30%キャンペーン実施中

 ←ココから口座開設をどうぞ
2014/11/08 00:51 投資・資産運用 TB(0) CM(0)
Search form
Calendar
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ミッくんとダイナちゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。